教育サービス、定期購読雑誌の会員のかた向け

よくあるご質問

※通信教育サービスを海外で受講されている方は、本ページではなく海外受講サイトをご覧ください。

  
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

情報照会や諸手続きは
こちら

お客様サポート(手続き)

<こどもちゃれんじ>、「進研ゼミ」、「いぬのきもち・ねこのきもち」などご利用中の方向け

一覧から選ぶ

  • No : 15199
  • 公開日時 : 2015/03/25 15:06

<Challenge English>スピーキングトレーニング(会話・発音)で話した英語がうまく通じません

次のいずれかを選択し、内容を確認してください。
(発音判定システムは、音素単位で一致または近似する部分が多い場合には、
正解と認識されることがあります。)
 
●通じることもあるが、通じないことが多い場合

回答

いつもおうちでお話ししているくらいの普通の声の大きさで、マイクに向かってお話ししてみてください。
音量メーターの表示状態や、表示されているメッセージを確認してください。file_image
 
 
◇音量メーターが動かないとき
お子さまが話した音声がマイクから何も入力されていないときに表示されます。
英語が全く通じない場合』の対処方法をご覧ください。
 
◇「Not good. 声がちいさすぎるようです」のメッセージが表示されるとき
「おはなしメーター」(円の外側のオレンジの部分)が動き始めてから話し始めてください。
マイクを近づけてはっきりと話してください。緑の音量メーターが真ん中より上ぐらいになるような大きさで話してください。
 
◇「Not good. 声がおおきすぎるようです」のメッセージが表示されるとき
「おはなしメーター」(円の外側のオレンジの部分)が動き始めてから話し始めてください。
マイクと口を少し離し、緑の音量ゲージが真ん中より上ぐらいになるような声の大きさで話してください。黄色や赤色のメーターが出ると大きすぎます。
 
画面右上のスピーカーアイコンから音量の設定ができます。
マイクのボリュームを真ん中ぐらいに調整してください。
(「おと」「おと(おんがく)」は最大になっていても問題ありません)
file_image
 
 

この回答はお役に立ちましたか?

よろしければ、役に立った点・解決しなかった理由など、ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されても返信はいたしかねます。個別のお返事・お手続きが必要な場合はこちらからご連絡ください。
https://www.benesse.co.jp/contact/