• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 38785
  • 公開日時 : 2018/03/19 00:00
  • 更新日時 : 2018/07/13 16:23
  • 印刷

【ハイブリッド】 英語の教材で教科書ではまだ習っていない文法や表現・単語があるのはなぜですか?

回答

 

文法、単語・表現それぞれに、以下の理由から教科書では習っていない内容を掲載している場合がございます。ご確認ください。

●文法
一部、教科書で学ぶタイミングが異なる内容でも、ともに学んだ方が理解しやすいと思われる単元は、「進研ゼミ」の方針に基づき同じタイミングで学習ができるように提供しております。

単元例:aとan、andとbut、Could you~?とMay I~?などの助動詞を使った表現、など


●単語・表現
デジタルレッスン内で使われている単語・表現は、「進研ゼミ」の方針に基づき、該当の単元とともに学習していただきたいものを扱っております。そのため、一部、教科書では習っていないものが含まれる場合がございます。

語彙を広げていくことも、英語学習では不可欠な力です。文法学習をしながら、学習する英文を通して自然に語彙力をつけていただければと思います。

また、講義冒頭のアニメ動画では、より自然な英語に触れていただきたいという方針から、一部、検定教科書では扱っていない表現を扱っている場合がございます。音声の英文と意味をご確認いただけますので、より自然な表現を学ぶ機会としてご活用ください。

 

見つからない場合こちらから再度検索してください

この回答はお役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお聞かせください。個別にお返事はできませんが、今後のQA作りに生かしていきます 入力欄は暗号化されておりませんので、個人情報は絶対に入力しないでください