• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
まなびの手帳

【毎回ログイン不要で快適に】

各種お手続き・学習状況の確認は
公式アプリのご利用がオススメ!

公式サイトへ
タブレットの設定や操作、デジタル学習の不具合やエラーについてのよくある質問や問い合わせ確認
  • No : 62385
  • 公開日時 : 2021/03/19 10:00
  • 印刷

【中3】コースは、どのように選べばよいですか。

回答

志望校レベルに合わせた3つのコースからお選びいただけます。
コースによって、問題の難易度割合が異なります。

■受験総合コースー基礎:応用=8:2
標準的な公立高校・私立高校を志望校として仮決めしたお子さまはこのコースをお選びください。
基礎からしっかり固められるコースです。
入試に欠かせない基礎知識の確認・重要ポイントの整理からスタート。
標準的な公立高校または私立高校の合格点の目安となる得点率60%以上をめざします。

■難関挑戦コースー基礎:応用:難問=5:3:2
公立の難関高校または同レベルの私立高校を志望校としたお子さまはこのコースをお選びください。
応用力がしっかり鍛えられるコースです。
入試本番で差がつく応用問題の解き方・考え方のステップを基本から学習。
入試本番で、難関校の合格点の目安となる得点率75%以上をめざします。

■最難関挑戦コースー基礎:応用:難問=3:4:3
お住まいの地域の「最難関高校」をめざしたいお子さまはこのコースをお選びください。
応用・難問の割合が高いスペシャルコースです。
各都道府県の公立最難関校への合格に向けて、公立高校入試問題で得点率85%以上をめざします。

見つからない場合こちらから再度検索してください

この回答はお役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお聞かせください。個別にお返事はできませんが、今後のQA作りに生かしていきます 入力欄は暗号化されておりませんので、個人情報は絶対に入力しないでください