• No : 11156
  • 公開日時 : 2014/11/29 21:19
  • 更新日時 : 2017/09/13 15:10
  • 印刷

【まなび相談室】うちの子は暗記が大のニガテ。特に漢字は覚える数が多すぎて困っています。

回答

「漢字は暗記もの」という固定概念を、まずはおうちのかたが取り払いましょう。
漢字は、生活の中で使うことで役に立つものです。
身のまわりにあふれている「生活漢字」(日常生活の中で使われている漢字)にできるだけ多くふれさせることが大切です。
お友達や有名人など人の名前、駅の名前、地名など、
身近な漢字をおうちのかたが折にふれて話題にすると、お子さまは自然と興味をもつはずです。

また、漢字は熟語でないと意味をなさないので、「海」という漢字を習ったら、
「海岸」「海外」など、さまざまな組み合わせを楽しく教えると語彙が増えます。
そして、「漢字をたくさん知っているといろんな本が読めるよ」「物事の意味がわかるよ」と、
漢字を知ると広がる世界も併せて話すこともオススメです。