教育サービス、定期購読雑誌の会員のかた向け

よくあるご質問

※通信教育サービスを海外で受講されている方は、本ページではなく海外受講サイトをご覧ください。

  
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

情報照会や諸手続きは
こちら

お客様サポート(手続き)

<こどもちゃれんじ>、「進研ゼミ」、「いぬのきもち・ねこのきもち」などご利用中の方向け

一覧から選ぶ

  • No : 40698
  • 公開日時 : 2017/08/08 10:58
  • 印刷

【まなび相談室】勉強させるためのコツを教えてください

回答

■1問だけやってみよう!
遊びたい気もちの強い子供には、「遊びに行く前に1問だけやろう!」の声かけが効果的です。1問だけなら「やってもいいか」という気分になりますし、1問だけやっておくと、遊びから帰ってきてからの取りかかりのハードルが、ぐんと下がります。

■タイムトライアルで習慣化
もし毎日同じ内容(書き取り1ページ、プリント1枚など)の宿題があるなら、「ヨーイドン!」で始め、終わるまでの時間を計ります。これを〇分台なら〇点、と点数化して表にし、高得点ならごほうびシールをはるなどして達成感を感じさせると、毎日の宿題が楽しみになります。

コピー機があれば、子供と同じプリントなどをコピーして親も同時に取り組み、タイムやでき具合を競います。または、おうちのかたの書き仕事(例:家計簿など)があれば、それと子供のプリントでタイムを競うとよいでしょう。「どっちが丁寧に書けているか」など、字が雑にならないことも競う条件に入れるとよいでしょう。

■おうちのかたと一緒に学習
子供が漢字ドリルをやるなら、おうちのかたは大人用のノートで漢字の練習に取り組みます。終わったらちゃんと覚えられたかテストするため、お互いに5問ずつ問題を出し合ってみましょう。大人用の難しい問題の採点は子供は喜んでやるので、まるつけも盛り上がります。

 

この回答はお役に立ちましたか?

よろしければ、役に立った点・解決しなかった理由など、ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されても返信はいたしかねます。個別のお返事・お手続きが必要な場合はこちらからご連絡ください。
https://www.benesse.co.jp/contact/