教育サービス、定期購読雑誌の会員のかた向け

よくあるご質問

※通信教育サービスを海外で受講されている方は、本ページではなく海外受講サイトをご覧ください。

  
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

情報照会や諸手続きは
こちら

お客様サポート(手続き)

<こどもちゃれんじ>、「進研ゼミ」、「いぬのきもち・ねこのきもち」などご利用中の方向け

一覧から選ぶ

  • No : 10485
  • 公開日時 : 2016/09/01 18:40
  • 更新日時 : 2017/12/14 16:06
  • 印刷

【まなび相談室】指を使って計算する癖があるから計算が苦手です

回答

指を使わずに計算できるようにするためには、頭の中で数をイメージできるようになることが重要です。
特に「5」と「10」のまとまりを意識することが大切です。
 
1年生なら、「8」が「5と3」というイメージをつかむこと。
2年生、3年生でくり上がりやくり下がりのある計算問題につまずいているお子さまの多くは、頭の中で数をイメージできていない可能性があります。
その場合は、もう一度、数のイメージづくりから始めましょう。
「11」は「5のかたまりが2個と1を合わせた数」、「10のかたまりと1を合わせた数」というように、頭の中で具体的にイメージできるようになればいいのです。
 
具体的にイメージする練習として、数のかたまりをカードで考えさせる方法があります。
「1」を表す小さい方眼カードを10枚、
1の方眼を5個分縦に並べた「5」を表す長方形カードを2枚、
5の長方形を2個分合わせた「10」を表す長方形カードを1枚用意して、
おうちのかたが言う数字をお子さまにカードを組み合わせて作らせるゲームをしてみましょう。
しだいに5のかたまり、10のかたまりをイメージとしてとらえられるようになります。
このゲームをくり返すことで、たし算はもちろん、ひき算につまずくこともなくなるでしょう。

この回答はお役に立ちましたか?

よろしければ、役に立った点・解決しなかった理由など、ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されても返信はいたしかねます。個別のお返事・お手続きが必要な場合はこちらからご連絡ください。
https://www.benesse.co.jp/contact/