よくあるご質問(ご受講を検討中のかた)会員のかたの「よくあるご質問」

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

オプション教材

24件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • 「国語算数発展ワーク」と「考える力・プラス講座」は、どのように違うのですか?

    2つの講座の特徴は以下の通りとなります。 ●「考える力・プラス講座」 教科書にとらわれず、「自分で考えて伝える力」を磨きます。国算理社のテキストと国算(月によっては理社)の添削問題が届きますので、お子さまにじっくり考える学習をさせたいかた、さらに中学受験をお考えのかたにお勧めです。 「考える力・プラス講座」は、毎月のお届けです。 小1・2は8・3月号で、小3は... 詳細表示

    • No:8774
    • 公開日時:2016/06/29 14:49
    • 更新日時:2019/02/28 09:09
  • 小1~4のオプション教材「もっと!挑戦シリーズ」ってなんですか?

    オプション教材「もっと!挑戦シリーズ」は、「進研ゼミ 小学講座」とは別に、有料でご購入いただく小1~6向けのドリル教材です。 「もっと!挑戦シリーズ」のオプションドリルは2種類ございます。詳しくは以下をご参照ください。 ●小1~6向け「漢字計算くりかえしドリル」 「進研ゼミ 小学講座」の学習だけでは、漢字や計算の練習量が足りないと思われているかた向けのドリル教材です。 ... 詳細表示

    • No:8772
    • 公開日時:2016/06/29 14:57
    • 更新日時:2019/02/28 09:04
  • 公立中高一貫校に興味はあるがまだ受検までは決めていません。オプション教材の「作文・表現力講座」と「考える力・プラス講座」(4・5年生)・「公立中高一貫校受検講座」(6年生)のどちらを受講すればいいですか?

    「考える力・プラス講座」や「公立中高一貫校受検講座」は受検の準備は早ければ早いほど余裕が生まれますので、公立中高一貫校を受検を少しでもお考えのかたには受講をおすすめします。受検しないことが決まっても、ものごとの本質をとらえる力・課題を読み取る力・自分の考えを相手に伝わるようにわかりやすく表現する力をつけるさまざまな演習を通して教科書の内容を超えた一歩進んだ力を身につけることができます。 ... 詳細表示

    • No:8803
    • 公開日時:2016/10/20 10:00
    • 更新日時:2019/02/28 09:43
  • 小1~5のオプション教材「考える力・プラス講座」とはどのような講座ですか?

    「考える力・プラス講座」は、「進研ゼミ 小学講座」とは別料金でご受講いただける小1~5向けのオプション講座です。(小6向けは2020年4月開講予定です。) 1~3年生では「読み取る力」「自分で考える力」「相手に伝える力」の3つを4教科でじっくり伸ばし、さらに「知識を活用し、自分で考えて問題を解決する力」を身につけることができます。 国算理社のテキストと国算... 詳細表示

    • No:8780
    • 公開日時:2016/06/29 13:51
    • 更新日時:2019/02/27 18:49
  • 公立中高一貫校の対策は通信教育で大丈夫か不安です。

    公立中高一貫校の受検をお考えのかた向けの小5のオプション講座「考える力・プラス講座」・小6のオプション講座「公立中高一貫校受検講座」は、「適性検査」と「作文」の基礎固めができ、さらに応用的な問題にも取り組める実戦力が付く教材をお届けします。(2020年より「公立中高一貫受検講座」6年生は「考える力・プラス講座」6年生によりパワーアップしてリニューアルします) もちろん、赤ペン先生に... 詳細表示

    • No:8804
    • 公開日時:2017/02/01 10:00
    • 更新日時:2019/02/27 19:43
  • 小4~6のオプション教材「考える力・プラス 中学受験講座」ってなんですか?

    「考える力・プラス 中学受験講座」は、私立・国立中学受験をお考えのかた向けのオプション講座です。 ご家庭で中学受験の合格に必要な力を伸ばします。「進研ゼミ 小学講座」とは別料金でのご受講になります。 「進研ゼミ 小学講座」を受講されていないかたでもご利用いただけます。 詳しい紹介ページをご用意していますので、ぜひご確認ください。 考える力・プラス 中学受験... 詳細表示

    • No:8787
    • 公開日時:2016/06/29 13:24
    • 更新日時:2019/02/28 09:25
  • 小1~5のオプション教材「考える力・プラス講座」の受講は、親のサポートが必要でしょうか?

    はい、お子さまひとりでもご活用いただけるよう設定していますが、おうちのかたのサポートで学びがより深まります。 4年生からはお子さまご自身でまるつけや振り返りをしていただく設計です。 「最初は間違っても考えたら解けた」という場面では、ぜひほめて、自分で考えることを好きにさせてあげてください。 「考える力・プラス講座」の「答えと指導ポイント」では、おうちのかたの... 詳細表示

    • No:8782
    • 公開日時:2016/06/29 13:30
    • 更新日時:2019/02/27 18:58
  • <チャレンジ>とオプション教材の「考える力・プラス講座」をセットで使うと、何がよいのですか?

    「考える力・プラス講座」は、学校で習ったことはきちんと理解できていることを前提として、力を伸ばすカリキュラムになっています。 そのため、授業の進度に合わせて学習できる<チャレンジ>で学校で習った内容をしっかり定着させた後に、「考える力・プラス講座」でその内容を使いこなすトレーニングをすることをお勧めしています。 さらに5年生からは公立中高一貫校の「適性検査」(最近では私立中学... 詳細表示

    • No:8781
    • 公開日時:2019/02/01 00:00
    • 更新日時:2019/02/27 18:52
  • 小2・3のオプション教材「かがく組」はどんな教材内容ですか?

    約60ページ・オールカラーで、お子さまの発達に合わせて、問題を発見する力や、知識を創り問題を解決していく能力を育てていく知的好奇心マガジンです。 知的好奇心の4つの分野「自然」「社会」「文化」「科学技術」からテーマをバランスよくお届けいたします。それぞれの教材で興味の幅を広げて、お子さまひとりで問題を発見し、自ら解決する力の土台をつけていきます。 さらに3年生では、2019年... 詳細表示

    • No:8808
    • 公開日時:2016/10/20 10:00
    • 更新日時:2019/02/28 09:16
  • 小4~6のオプション教材「作文・表現力講座」と小5のオプション教材「考える力・プラス講座」、小6のオプション教材「公立中高一貫校受検講座」の中の「作文」とはどう違うのですか?

    それぞれの講座で指導している「作文」指導の特徴は以下になります。 ●「作文・表現力講座」 「作文・表現力講座」は、2か月に1回のお届けです。 作文のニガテを解消して、相手にわかりやすく伝える力を伸ばす、作文に特化した講座です。 「自分の考えをわかりやすく伝える」ために問われていることを読み取る力・論理的に考える力・わかりやすく書く力を伸ばしますために、前半では、書... 詳細表示

    • No:51360
    • 公開日時:2019/02/27 19:50

24件中 1 - 10 件を表示