教育サービス、定期購読雑誌の会員のかた向け

よくあるご質問

※通信教育サービスを海外で受講されている方は、本ページではなく海外受講サイトをご覧ください。

  
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

情報照会や諸手続きは
こちら

お客様サポート(手続き)

<こどもちゃれんじ>、「進研ゼミ」、「いぬのきもち・ねこのきもち」などご利用中の方向け

一覧から選ぶ

まなび相談室 ご利用上の注意など

『 まなび相談室 ご利用上の注意など 』 内のFAQ

162件中 41 - 50 件を表示

5 / 17ページ
  • 【まなび相談室】勉強をスムーズに始められません。勉強を始めるハードルを低くする方法はありますか?

    ハードルを低くするとは、簡単に行動できるようにするということです。 勉強に使う道具を、取り出しやすい場所に置いておく、というのは有効な例のひとつです。 また、勉強するという行動の障害になるものを排除することも、ハードルを低くすることになります。 勉強しようとしても、机の周りにマンガが置いてあったり、近くで家族がテレビを見ていたりすると、お子さまは勉強するという行動に取りかかりにくく... 詳細表示

    • No:11707
    • 公開日時:2014/12/29 18:40
  • 【まなび相談室】一人で勉強していて、よく手が止まってしまいます・・・

    ぜひお子さまがどこで手を止めていられるのかを確認してみてください。 「手が止まってしまう場所がわかっていない」可能性が大きいです。 そのままで放置はせずに、おうちの方が一緒に探してあげることをオススメします。 そうした上で、一度教科書に立ち戻ってみてはいかがでしょうか? その問題の回答を見ることももちろん大事ですが、お子さまにとって、学校と習った方法と違う、先生と言っていることが... 詳細表示

    • No:11155
    • 公開日時:2014/11/29 21:08
  • 【まなび相談室】「説明文」は何度も読み返しても、何が大事なことなのか分かりません。説明文を正しく読み取る方法はありますか?

    説明文は、ある事柄について、相手にわかりやすく、筋道を立てて説明するために書かれている文章です。 従って、説明文を読み取るときには、 「話題は何か(何についての説明か)」と、「筆者が伝えたいことは何か」をとらえることが大切です。 この二つをとらえるために、次のようなことに注目しましょう。 ■話題をとらえる。 ⇒問いかけ(呼びかけ)の表現に注目する。 文... 詳細表示

    • No:44499
    • 公開日時:2018/02/14 13:11
  • 【まなび相談室】算数の文章題が苦手です。どうしたらいいですか?

    文章題は、以下の4つのステップで理解を深めるとグッと考えやすくなります。 【1】必要な数字に印をつける 【2】絵にかく 【3】式を書く 【4】答えを書く また、普段の生活の中で数を視覚的にイメージさせるのもオススメです。 例えば、「コロッケを2個ずつ家族3人に配るには、コロッケは何個必要?」と聞く。 わからなかったら、実際にコロッケを2個ずつ3枚のお皿に置く。 ... 詳細表示

    • No:44490
    • 公開日時:2018/02/14 12:51
  • 【まなび相談室】たし算とひき算の学習のポイントが知りたい。

    たし算やひき算の学習で大切なのは、文章題を読んで場面を理解し、場面に合う式が立てられることです。 例えば、「エレベーターに2人乗っていました。 後から3人乗りました。エレベーターに乗っているのは全部で何人でしょうか。」 という状況を絵にしたりして、「文章題の意味を理解し、イメージする」ということが大切です。 詳細表示

    • No:44488
    • 公開日時:2018/02/14 12:41
  • 【まなび相談室】「チャレンジ」で学習してほしいのですが、やる気がないのか、たまってしまいがちです・・・

    お子さまが「やりたくない」その理由は何なのか、そこを聞いてみてください。 例えば、学校の授業と「チャレンジ」の進み具合が合っていなく、学校で習っていないところがわからないからやりたくないのかもしれません。 そのような場合は、今月お届けしたものから使うのではなく、今授業で習っているところから始めてください。 もしお子さまがやりたくない理由をなかなかおうちのかたに話せないようでしたら、... 詳細表示

    • No:42713
    • 公開日時:2018/01/11 10:48
    • 更新日時:2018/01/11 10:54
  • 【まなび相談室】理解はしているのに、テストでケアレスミスが多い。ケアレスミスをなくすにはどうしたらいいですか?

    ■テストでまちがえたところをお子さまと見直す まちがえたところが、本当はわかっていたのにうっかりまちがえたことに子供自身が気がつくと、「もったいない!次は気をつけよう」という気持ちになっていきます。ただし、叱りながらでは子供もおうちの方も嫌になってしまうので、推理ゲームのように楽しみながらを心がけてください。ご家庭で見直しに関するルールを一緒に考えてみるのもオススメですよ。 ... 詳細表示

    • No:42600
    • 公開日時:2017/12/14 16:16
  • 【まなび相談室】習ったときは覚えているようなのですが、少し経つと忘れてしまいます。

    漢字の学習は、「反復」が基本。やはり使わないと忘れてしまうものです。 学校での漢字の宿題なども、習ったときは「書き取り」中心だと思います。その漢字の読み方や書き方を学ぶためには必要な練習なのですが、ずっと練習し続けるわけにはいきませんよね。 ちょっと時間が経ってからも忘れないようにするには、やはり「使う」ことです。ちょっとしたメモ書きや、学校でノートを取るときにも、習った漢字は使うように... 詳細表示

    • No:42594
    • 公開日時:2017/12/14 16:05
  • 【まなび相談室】ニガテが増え始めて困っています

    まずニガテな教科で起こりがちなのは、ニガテは失敗の経験がお子さまの心に残っていて、その単元自体の取り組み自体が嫌になり、さらにわからなくなるという悪循環なのです。 だからおうちのかたにお願いしたいのは、お子さまにニガテに取り組むように指示をするのではなく、嫌なことだけれども取り組もうと思える環境をつくることです。 まずはニガテのなかでも比較的簡単な問題だけに取り組んでハードルを下げたり、... 詳細表示

    • No:42015
    • 公開日時:2017/11/14 14:51
  • 【まなび相談室】子供がなかなか整理・整頓できるようにならない・・・

    【整理整頓しやすい環境をつくるポイント】 ・しまう物をラベルで見やすく表示する 片づけがニガテな子は、そもそも「どこに何をしまったらよいのかがわからない」場合があります。 幼稚な方法と思われると思いますが、まずは収納場所に、そこに入れる物の名前を書いたラベルを貼って、それ以外の物は入れない約束をするといいですよ。 ・収納場所を子供に決めさせる 例えば、机の中身などを全部... 詳細表示

    • No:42012
    • 公開日時:2017/11/14 14:46

162件中 41 - 50 件を表示