よくあるご質問(ご受講を検討中のかた)会員のかたの「よくあるご質問」

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「 添削 」 で検索した結果

13件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • 【教材・サービス】 「進研ゼミ 高校講座」は、一般的な参考書と比べて何がよいのですか?

    伸ばしていただけます。 ・「生活、成績、性格」まで見た、大学合格まで支え続ける充実のサポート 赤ペン先生の添削指導に加え、アドバイザーや進路のプロが学習状況を見守り、志望大合格に向けて個別にアドバイスします。また、ゼミで合格した現役大学生に学習情報や進路の悩みをいつでもご相談いただけます。 詳細表示

    • No:24342
    • 公開日時:2020/02/14 00:00
  • 【2020年度】【高3】2020年度の「大学受験講座」は、どのような講座ですか?

    個別試験(2次試験)に必要な記述力などを伸ばす「個別試験対策」として、『合格への100題(添削課題つき)』をご用意しております。 「個別試験対策」は国公立大2次試験・私立大個別試験の対策が必要な科目を追加していただくことで、合格に必要な力を十分につけていくことができます。「個別試験対策」は、必要な1科目から受講いただけます。 ※「英語」「数学」「国語」「物理」「化学」「生物」「日本史 詳細表示

    • No:57569
    • 公開日時:2020/02/26 00:00
  • 【教材・サービス】 教材をためてしまわないか不安です。

    「届いた教材すべてを使いこなせない」という意味で「ためる」を使われているお声を聞くことがありますが、すべての教材を使いこなせないことは決して悪いことではありません。 「進研ゼミ 高校講座」を上手に使って現役合格を果たした先輩の中では、「教科書でつまずいたときに『チャレンジ』の丁寧な解説だけを読んだ」「毎月添削課題だけ提出して、自分のできないところを探した」「入試戦略本を読んで、志望 詳細表示

    • No:12634
    • 公開日時:2016/07/07 16:31
    • 更新日時:2019/10/17 16:08
  • 【教材・サービス】 「進研ゼミ 高校講座」と、塾との併用は可能ですか?

    可能です。1教科のみの受講でも、添削指導や大学・入試情報、模試や診断テストなどのサービスがご利用いただけます。 詳細表示

    • No:8999
    • 公開日時:2016/07/08 10:52
  • 【小論文特講】 塾や他の通信教育と比べて何がよいのですか?

    を書き始める以前の「自分の考えを導き、整理する力」が重要です。「小論文特講」には、部活や他の科目の対策が忙しくても、スキマ時間を利用してこの力を養成できるWeb講義があります。1回5分×12回で、小論文をつくるための考え方・書き方の基本をマスターすることができます。 ◆基礎編・実戦編の2種類の添削で、合格答案がスムーズに書けるようになります。 「添削課題」は、基礎編(2回分)と実戦 詳細表示

    • No:42603
    • 公開日時:2017/12/15 09:41
  • 【大学受験講座】2020年度『大学受験講座』(高3・4月号~)の「個別試験対策」ではどのような教材が届きますか?

    大学受験講座での受講科目に応じて、毎月、志望大レベル別に2次試験・個別試験の実戦演習ができる『合格への100題』と記述対策としての「添削課題」をお届けします。 (「添削課題」は、4~7月号、9~12月号でお届け。) 合格プラン・文理に合わせて厳選した、志望大レベル別の毎月解ききるべき10題をお届けします。 <開講科目> 英語・数学・国語・物理・化学・生物・日本史・世界史 詳細表示

    • No:57575
    • 公開日時:2020/02/26 00:00
  • 【小論文特講】 学校での小論文対策や、過去問演習と、どのように組み合わせて対策するのがいいですか?

    意見・理由を導くプロセスの確認、志望学部に特化した類題演習として、「小論文特講」をお役立ていただけます。 学校によって、小論文対策のあり方は様々ですが、「生徒自身が取り組んだ過去問を、先生が添削する」という形の指導が多いようです。貴重な機会ですので、学校の対策はしっかりやりましょう。 一方で、「意見・理由を導くプロセス」でミスがないか、十分練られているかという点については 詳細表示

    • No:45309
    • 公開日時:2018/03/13 10:00
  • 【小論文特講】 一般的な参考書と比べて、何がよいのですか?

    「小論文特講」には、下記の特長があります。 ◆基礎編・実戦編の2種類の「添削課題」で、合格答案がスムーズに書けるようになります。 「添削課題」は、基礎編(2回分)と実戦編(5回分)の計7回。いずれも、前回の指導情報を次回担当の赤ペン先生に引き継ぎ、力の積み上がりのわかる指導を行います。基礎編では、設問条件の読み取りから自分なりの意見を出す流れと各ステップのポイントを確認、実戦 詳細表示

    • No:42604
    • 公開日時:2017/12/15 09:46
  • 【小論文特講】 志望大が未定だったり、志望学部が途中で変わったりしても、受講できますか?

    受講できます。 「添削課題 実戦編」の学部系統は、ご自身で選択していただきますので、途中で志望大や学部が変わっても、それらに合った対策をしていただけます。 小論文の書き方のコツをつかむ講義、最初に取り組む「添削課題 基礎編」は、どの学部系統をめざしている方にも取り組んでもらいたい、小論文の書き方の基礎をマスターする教材です。まだ学部系統が決まっていなくても、こういった基本から取り組んで 詳細表示

    • No:42611
    • 公開日時:2017/12/15 10:10
  • 【小論文特講】 締切日以降は、受講できないのですか?

    締切日以降も、受講していただけます。 「小論文特講」は、開始タイミング自由の教材です。締切日以降も、ご受講申し込みを受け付けております。 一人ひとりの入試日程や受験対策計画に合わせて、受講していただけます。 なお、「添削課題」の提出から返却までの期間にご留意ください。 ※「添削課題」は、「ゼミ」受付後約6日で返却(日・祝・年末年始を除く)。スマートフォン・iPadでのカメラアプリ 詳細表示

    • No:45306
    • 公開日時:2018/03/13 10:00
    • 更新日時:2018/07/31 11:28

13件中 1 - 10 件を表示