• No : 37066
  • 公開日時 : 2019/03/22 00:00
  • 印刷

<Challenge English>中学から初めて英語をやる人も、幼小期から英語をやっている人もみんな中1ならRookieレベルなのですか? レベル差はどこで対応してくれるのですか?

回答

レベル設定の考え方としては、初めて英語を学ぶ人も経験のあるかたも、中学1年生であればRookieレベルをオススメしています。
これは、これまで小学生版のお客さまでも、中学生になると、「学校の進度に合わない」という理由で、学習が続きにくいかたが多かったためです。「聞く」「話す」力は中学になっても伸ばし続けたいとは思いつつ、中学になると定期テストなどもある中で、学校の内容とタイムリーに合っていない内容だと、お子さまの取り組み優先度が下がってしまい、学習が続けにくいということがありました。
そのため、中学生版では、Rookieレベルであれば、中学1年生の学習進度にほぼ合わせたカリキュラムとすることで、学校での役立ちも感じていただきつつ、お子さまのレベル差には授業内で対応させていただくという設計としました。
具体的には、下記のような部分で、レベルの差に対応させていただきます。
◆ライブ授業 「こっそりチャット」でサポートスタッフに直接質問ができます。お子さまの学習経験により疑問を持つ点もさまざまのため、個別にサポートさせていただきます。
◆マンツーマントーク(オンライントーク) 今月のテーマやフリートークにて、お子さまの力に合わせてヒントを出したりフリーに話したりを、講師が調節します。
◆CE中高アプリ 全員共通ですが、例えばリスニングでは、学び初めのお子さまはポイントを聞き取る/経験のあるお子さまは全文を正しく聞き取るといった使い方をしていただけます。
なお、
・小学生版のレベルがレベル7・8のかた
・目安として、英検4級以上をお持ちのかた
上記のかたについては、レベルチェックでPrimaryレベルのテストを受けていただきます。
その結果、Primaryレベルを履修する力があると判断させていただいた場合はPrimaryレベルをおすすめレベルとして提示させていただきますが、その場合でも学校の進度に合わせRookieレベルをお選びいただくことも可能です。
先取りで行うことも、学校に合わせて復習しながら進めることも、どちらもメリットがありますので、Challenge Englishでの学習の目的や、お子さまのご希望によって、最適なレベルをお選びください。