• No : 23232
  • 更新日時 : 2017/02/27 10:00
  • 印刷

【中高一貫】 「中学講座」と、「中学講座中高一貫」(中1・2)、「難関私立中高一貫講座」(中3)の違いを教えてください。

回答

 
大きな違いは、「学習目的」と「学習レベル・進度」にあります。

・学習目的

「中学講座」が志望高校合格をめざす講座であるのに対し、中高一貫校生向けの「中学講座中高一貫」や「難関私立中高一貫講座」は、難関大合格をめざす講座となっています。高校入試対策は行っておりません。


・学習レベル・進度

多くの中高一貫校では、大学入試を見すえて中学課程3年間分を2年間で学習する独自の学習進度が一般的です。「中学講座中高一貫」や「難関私立中高一貫講座」も同じく、中3から高校課程の学習を開始する独自カリキュラムで学習を進めていきます。

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましても返信できません。名前・住所などの入力はご遠慮ください。