• No : 41037
  • 公開日時 : 2017/09/13 14:55
  • 更新日時 : 2017/09/13 15:33
  • 印刷

【まなび相談室】友達とケンカしたようですが、先生から相手を教えてもらえませんでした。謝りたいのになぜ?

回答

学校で起きたケンカやケガについて、おうちのかたにどこまで伝えるのかは、学校や先生の方針によって異なります。
先生が、「お子さまが◯◯くんを突き飛ばしてしまいました」などと伝えるところもあれば、
「学校からケガをした子に謝ります」と言って、ケガをさせた相手を伝えないところもあります。

まずは、お子さまの担任の先生の方針を聞いてみるのがいいでしょう。
後者のような方針なら、ケガをさせた保護者に謝りたい気持ちがあることだけ先生に伝えて、あとは学校に任せるのがいいでしょう。
ケンカをすると、手や足が出ることがありますが、する側もされる側にも、何か理由があったはずです。
お子さまがされる側になった場合、先生に話を聞くときは、
「うちの子も叩かれるだけのことをしてしまったと思うのですが、何があったかご存じでしょうか?」
というように、状況を確認するようにしましょう。