• No : 36852
  • 公開日時 : 2019/03/22 00:00
  • 印刷

【赤ペン】 1年生から2年生の「赤ペン先生の問題」にはなぜ、「名前欄」がないのですか?

回答

「赤ペン先生の問題」における個人情報保護について
お客様の個人情報を安全に扱うために,「赤ペン先生の問題」では次のようにしています。
「チャレンジ」1・2年生「考える力・プラス講座」の1年生から3年生の「赤ペン先生の問題」には名前記入欄を設けておりません。提出された答案そのものを移送して指導をするため,その際に発生するリスクを避けるためです。
上記以外の「赤ペン先生の問題」には名前欄を設けています。提出された答案はデータ化し,セキュリティ対策をしたうえで,パソコン上で指導しています。より安全にお客様の個人情報を扱うことができますので,ご安心ください。
 
「進研ゼミ」では「提出物に名前を記入する習慣づけ」は大切と考えていますが,同時に低学年期は「紙の答案に直筆の指導をお届けすることでの温かみ」を届けていきたいと考えております。そのため,低学年期は紙での返却を実施し,個人情報保護のため「赤ペン先生の問題」にはお名前欄を設けず,教材内で「名前を記入する習慣づくり」をできるようにしてまいります。
ご理解のほどよろしくお願いします。