• No : 20035
  • 公開日時 : 2016/06/07 10:18
  • 印刷

【コース・プラン】【大学受験講座】 英語のE21(早慶上智専用)と、E4(私立難関)の違いを教えてください。

回答

E21は早稲田大・慶應義塾大・上智大を第一志望とする方のための教材です。
文法の暗記事項や基礎知識などはある程度定着していて、早くから無理なく入試実戦力・応用力を養成したいと考えている方に最適です。例えば、長文読解編では、4月号でパラグラフリーディング(読み方)の基本を押さえてから、5月号以降は文章ジャンルに、9月号以降は文章のテーマに注目し、高度な読解・語い・情報処理能力を実戦的に習得します。12月号では圧倒的な超長文を攻略テーマに据えるなど、早稲田大・慶應義塾大・上智大の入試傾向に特化した年間カリキュラムで、演習を中心に学習していきます。

E4は私立難関レベルの大学群(立教大・青山学院大・明治大・中央大・法政大・学習院大・同志社大・立命館大・関西大・関西学院大など)を対象とした教材です。
私立難関レベルの入試全般に通用するよう、E21と同様に演習も豊富に用意されています。4月号から7月号までの前半期を通じてパラグラフリーディング(読み方)を身につけていき、9月号以降は英文解釈ユニットと長文読解ユニットに分かれた構成で、設問形式に応じた解き方を学びます。

※なお、どちらの教材にもカリキュラムに自由英作文の対策が含まれている月がありますので、志望大・学部で出題される方は必ず答案作成の思考法とステップをマスターしておきましょう。