教育サービス、定期購読雑誌の会員のかた向け

よくあるご質問

※通信教育サービスを海外で受講されている方は、本ページではなく海外受講サイトをご覧ください。

  
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

情報照会や諸手続きは
こちら

お客様サポート(手続き)

<こどもちゃれんじ>、「進研ゼミ」、「いぬのきもち・ねこのきもち」などご利用中の方向け

一覧から選ぶ

  • No : 6646
  • 公開日時 : 2018/03/22 00:00
  • 印刷

【チャレンジタッチ】 <チャレンジタッチ>の学習で、漢字に誤りがあると言われるのですが、どこが間違えているかわかりません。正誤判定のしくみを教えてください。

回答

<チャレンジタッチ>の漢字指導は、お子さま一人でも、 正しい書き順・形で書けることをめざし、複数の採点基準を持っています。
 
1.初めて漢字を習うとき(国語レッスンの「今月の漢字」)
書き順とハネなどの形を正しく書けているかをチェックしています。
 
2.初めて習うとき以外
言葉の中での「使い方」が身についているかのチェックを優先しています。
例えば、「(あか)るい」 の 「あか」が 「赤い」の「赤」なのか「明るい」の「明」なのかが、わかっていればよいと考え、書き順や字の形については判定していません。
 
これは、学校の先生が、漢字を覚えるときは厳しくトメハネを指摘しますが、字の使い方を学ぶときは細かく指摘はしないという、「子どもに覚えてほしいポイント」に応じて指導の厳しさを使い分けることで学習効果を高めるという工夫をデジタルの自動判定でめざしているものです。
 
全ての文字で正解できることは確認していますが、自動判定が特定の文字で厳しかったり甘すぎる個所がある点は申し訳ございません。おうちのかたから、お子さまに「ゆっくり、ていねいに書いてみてね」とお声掛けいただくのも効果的かと思います。
 
正しい書き順・バランスのよい形の字になるよう、くり返し練習したい場合は、「 ひみつきちの『かきかたせんせい』(1~2年)」、「書ける漢字辞典(3~6年)」に取り組まれることをおすすめします。
 
 

この回答はお役に立ちましたか?

よろしければ、役に立った点・解決しなかった理由など、ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されても返信はいたしかねます。個別のお返事・お手続きが必要な場合はこちらからご連絡ください。
https://www.benesse.co.jp/contact/