• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
まなびの手帳

【毎回ログイン不要で快適に】

各種お手続き・学習状況の確認は
公式アプリのご利用がオススメ!

公式サイトへ
タブレットの設定や操作、デジタル学習の不具合やエラーについてのよくある質問や問い合わせ確認

進研ゼミ 中学講座

  • No : 65227
  • 公開日時 : 2021/06/08 12:48
  • 印刷

【ハイブリッド中1・2】ふだんの月と比べてオススメされるレッスン数が多いのはなぜ?

回答

特別号以外の月は、1つのレッスンの中に最大4レベル(挑戦、標準、基本、超基礎)の問題が入っていて、最初に取り組んだレベルの問題の正答率に応じて次のレベルの問題を続けて出題することがありますが、AI Naviが作成する「AI総復習カリキュラム」の「復習」「ニガテ」のレッスンは、AIがもっとも習熟スコアが伸びそうと予測した1つのレベルのみが出題されます。そのため、ふだんの月と比べてオススメされるレッスン数が多く感じる場合がありますが、1つのレッスンにかかる時間は短めになっていますので安心して取り組んでください。
また「AI総復習カリキュラム」は、AIの初回設定で選択した勉強時間におさまるようにレッスン量を決定していますので、無理なく取り組める設計になっています。毎月の「学習スタート日」から数えて3週目以降に、たまってしまっている場合は必要に応じてたま丸から調整の案内をします。レッスン数を調整したい場合は、残り時間に合わせて自動でレッスンが調整されます。

見つからない場合こちらから再度検索してください

この回答はお役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお聞かせください。個別にお返事はできませんが、今後のQA作りに生かしていきます 入力欄は暗号化されておりませんので、個人情報は絶対に入力しないでください