• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
まなびの手帳

【毎回ログイン不要で快適に】

各種お手続き・学習状況の確認は
公式アプリのご利用がオススメ!

公式サイトへ
タブレットの設定や操作、デジタル学習の不具合やエラーについてのよくある質問や問い合わせ確認

進研ゼミ 中高一貫生専用講座

  • No : 63034
  • 公開日時 : 2021/07/15 10:00
  • 更新日時 : 2021/09/24 15:11
  • 印刷

【演習】ほかのレベルに取り組みたい。

回答

 
〈授業レッスン〉の演習は前半と後半の2つに分かれていて、2つのレベルに取り組むことができます。
最初のレベルの問題の正答率が50%以上ならひとつ上のレベルに挑戦できます。正答率が50%未満だとひとつ下のレベルからの出題になります。
※正答率がとても高い場合は、3レベルぶん出題されることもあります。
※超基礎レベル、挑戦レベルはレッスンの内容によって出題されない場合があります。
 
<特別号の場合>
「AI総復習カリキュラム」では、AIがもっとも得点が伸びると予測したレベルがまず出題されます。他のレベルに取り組みたい場合は、「AI総復習カリキュラム」に出ているレベルに取り組んだ後に、「特別号(8・3月号)カルテ」にある「レベルを更新」ボタンを押してください。AIがその時点での最適なレベルを再度選んで出題をします。
※どのレベルを選んでも得点が伸びる余地がない場合は、新しいレベルの出題はありません。
※超基礎レベル、挑戦レベルはレッスンの内容によって出題されない場合があります。

見つからない場合こちらから再度検索してください

この回答はお役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお聞かせください。個別にお返事はできませんが、今後のQA作りに生かしていきます 入力欄は暗号化されておりませんので、個人情報は絶対に入力しないでください