よくあるご質問(ご受講を検討中のかた)会員のかたの「よくあるご質問」

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 51360
  • 公開日時 : 2019/02/27 19:50
  • 印刷

小4~6のオプション教材「作文・表現力講座」と小5のオプション教材「考える力・プラス講座」、小6のオプション教材「公立中高一貫校受検講座」の中の「作文」とはどう違うのですか?

回答

それぞれの講座で指導している「作文」指導の特徴は以下になります。

●「作文・表現力講座」
「作文・表現力講座」は、2か月に1回のお届けです。
作文のニガテを解消して、相手にわかりやすく伝える力を伸ばす、作文に特化した講座です。
「自分の考えをわかりやすく伝える」ために問われていることを読み取る力・論理的に考える力・わかりやすく書く力を伸ばしますために、前半では、書き方のスキルを集中的に学習し、後半では作文のテーマについて考えを整理して構成を整え、作文を仕上げていくまでの一連のプロセスをたどります。
毎号ついている赤ペン先生の問題では、別のテーマで200字~400字程度の作文を書いて提出します。
4年生のゴール:書くことが好きになる
5年生のゴール:上手に説明することができるようになる
6年生のゴール:自分の意見を説得力をもって伝えられる
 
 

●「考える力・プラス講座」(5年生)、「公立中高一貫校受検講座」(6年生)
「考える力・プラス講座」「公立中高一貫校受検講座」は、毎月のお届けです。
公立中高一貫校の受検を考えられているかた向けの作文学習で、適性検査問題(作文)で求められることが多い、文章読解をしたうえで自分の考えを論理的に述べる書き方に特化した学習です。
長い論説文を読んで、文章の要旨や筆者の主張を捉える読解力と、それに対する自分の意見をまとめる発想力、そしてその意見を根拠をもって伝える論理的表現力を学習していきます。
偶数月号には赤ペン先生の問題がついており、文章読解をしたうえでの作文を200字~400字で書いて提出します。

※5年生むけの公立中高一貫校受検対策教材は、「考える力・プラス講座」5年生です。

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましても返信できません。名前・住所などの入力はご遠慮ください。