• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 49650
  • 公開日時 : 2019/03/19 10:00
  • 印刷

【高2コース】3つのコースで、教材はどのように違うのですか?

回答

コースによって『高2演習チャレンジ』や「添削課題」の内容が変わります。
さらに、コースによって一部の教材ラインナップが異なります。

最難関・難関コースの方には7月、11月号で「大学入学共通テスト」の記述対策ワーク(国・数)を、標準コースの方には9月~11月の3か月連続でつまずき対策教材(英数国)をお届けいたします。
最難関/難関/標準コースではそれぞれの目標レベルが異なるため、指導方法や問題文、設問、覚えるべき知識の量なども違います。
各コースのメイン教材『演習チャレンジ』の詳細は以下になります。
 
【最難関コース】「最難関大学への合格逆算カリキュラム」
東京大、京都大、国公立大医学部といった最難関レベルの大学をめざして、目標から逆算した高度な問題に取り組みたいかたのためのコースです。
【難関コース】「思考・判断・表現力養成」
新入試に向けた対策に早めに取り組みたい方向けに、教科書の応用レベルから、教科書を超えたプラスアルファの発展レベルの学習を行います。北海道大、東北大、名古屋大、大阪大、九州大、早慶上智、MARCHG、関関同立、私立大医学部といった難関大の合格をめざすコースです。
【標準コース】「テーマ別ニガテ攻略」
まずはニガテをなくして、教科書の基礎レベルから、ステップ式で応用レベルまで着実に学力をつけていきます。埼玉大、信州大、日東駒専、産近甲龍といった4年制大学への合格をめざすコースです。
短大・専門学校などをめざされている方もこちらをお勧めします。

見つからない場合こちらから再度検索してください

この回答はお役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお聞かせください。個別にお返事はできませんが、今後のQA作りに生かしていきます 入力欄は暗号化されておりませんので、個人情報は絶対に入力しないでください