• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 46787
  • 公開日時 : 2020/03/23 10:00
  • 印刷

小学講座のプログラミングはどんなものですか?追加で申し込みが必要ですか?

回答

小学3~6年生講座では追加受講費無し、申し込み不要でプログラミング教材を提供しています。(スタイルによる教材の違いはありません。)
2020年度より必修化される「プログラミング教育」にあわせて、目的を達成するための手順を、試行錯誤しながら論理的に考える「プログラミング的思考」が身に付くアプリをご用意しています。
初めてプログラミングに触れる子供でもわかりやすく、楽しく学べる教材や、<教科×プログラミング>で、その学年の算数や理科の学習内容をより理解できる教材もお届けしています。
 
小学1・2年生でも、追加受講費無し、申し込み不要で「プログラミング的思考」が身に付く教材をお届けしています。(スタイルによってお届けする教材は違います)
「チャレンジ」では、手を動かして思考錯誤しながら手順を考える「プログラミング的思考」を学ぶボードゲームや、世の中にあるプログラミングに関心をもつ「読み物」などをお届けしています。
「チャレンジタッチ」では、低学年のお子様でも楽しめる、順次・繰り返し・条件分岐の簡単なプログラミング体験ができるアプリもご用意しています。
 
また2020年1月より、小学1~6年生の全学年に、情報社会を生きる子供たちにとって必須の資質能力といわれている「情報活用能力」の育成をねらいとした教材のお届けも開始しています。(スタイルによる教材の違いはありません)
・「情報モラル」子どもたちがマナーやリスクをふまえて上手に情報や情報技術を活用していけるように、よくあるトラブルへの対応を疑似体験しながら学べる教材です。
・「情報デザイン」タイピングの練習や、目的や相手に合わせた課題の設定、情報の収集、整理・分析、表現、発信・伝達(動画・新聞作成などの疑似体験)を楽しく学べる教材です。
※上記は、プログラミング教材と同じ「プログラミングワールド」内で学習していただけます。
 
<ご利用方法>
●小学3年~6年
チャレンジウェブからご利用いただけます。
「チャレンジウェブトップ」→「会員のかた」→「プログラミングワールド」
※インターネットにつながったパソコンが必要です。携帯電話・ゲーム機からはご利用いただくことができません。
一部のコンテンツには、進研ゼミ小学講座の会員番号とパスワードが必要です。
※「チャレンジタッチ」をご受講の方は、「ホーム画面」→「プログラミングワールド」からもご利用いただけます。
 
●小学1~3年
「チャレンジタッチ」をご受講の方にご提供しているアプリもあります。
「チャレンジタッチホーム」→「ひみつきち」→「各プログラミングアプリ」を起動できます。
※2020年度「チャレンジタッチ」のプログラミングアプリ(一部)。お届け時期は学年によって違います。
「コラショとダンスでプログラミング」(小学1・2年生)
「コラショのプログラミングロボ工場」(小学2・3年生)
 
「チャレンジ」
お届けの教材内にて展開しております。
※小学1年:7月号で、プログラミング的思考のベースとなる思考力を育むボードゲーム「コラショのさきよみたからものハンター」をお届けします。
※小学2年:「わくわくサイエンスブック」9月号~3月号プログラミング読み物連載があります。
 
 
こちらの内容も参考にご覧ください。

見つからない場合こちらから再度検索してください

この回答はお役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお聞かせください。個別にお返事はできませんが、今後のQA作りに生かしていきます 入力欄は暗号化されておりませんので、個人情報は絶対に入力しないでください