教育サービス、定期購読雑誌の会員のかた向け

よくあるご質問

※通信教育サービスを海外で受講されている方は、本ページではなく海外受講サイトをご覧ください。

  
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

情報照会や諸手続きは
こちら

お客様サポート(手続き)

<こどもちゃれんじ>、「進研ゼミ」、「いぬのきもち・ねこのきもち」などご利用中の方向け

一覧から選ぶ

  • No : 44503
  • 公開日時 : 2018/02/14 13:16
  • 印刷

【まなび相談室】登場人物の気持ちや気持ちの変化を読み取るのが苦手です。どのようなところに注目すればいいですか?

回答

気持ちや、気持ちの変化の読み取りでは、気持ちを直接表す表現や、気持ちを間接的に表す表現に注目しましょう。
 
登場人物の気持ちを表す表現には、気持ちを直接表すものと、間接的に表すものとがあります。これらに注目して読み取りましょう。
 
■気持ちを直接表す表現
・人物の言葉や思ったこと
[例] 「楽しいなあ。」と、ひろしは言った。
・気持ちを表す表現
[例] ようやく完成したマフラーを見て、さちこはうれしくなった。
 
■気持ちを間接的に表す表現
・気持ちが行動や様子に表れている表現
[例] お母さんの言うとおりにお使いができたので、ひろしは思わずスキップをして帰った。
→ひろしのうれしい気持ちが、スキップという行動で間接的に表されている。
[例] ひろしは、卵を落としてしまい、顔が青ざめた。
→ひろしの、どうしてよいかわからない不安な気持ちが、「顔が青ざめた」という様子で、間接的に表されている。
・気持ちが情景などに表れている表現
[例] さちこのながめる空には、今にも雨が降り出しそうな、どんよりとした重たい雲が垂れ
こめていた。
→さちこの心が暗くしずんでいることが、見ている情景を通して間接的に表されている。

この回答はお役に立ちましたか?

よろしければ、役に立った点・解決しなかった理由など、ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されても返信はいたしかねます。個別のお返事・お手続きが必要な場合はこちらからご連絡ください。
https://www.benesse.co.jp/contact/