教育サービス、定期購読雑誌の会員のかた向け

よくあるご質問

※通信教育サービスを海外で受講されている方は、本ページではなく海外受講サイトをご覧ください。

  
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

情報照会や諸手続きは
こちら

お客様サポート(手続き)

<こどもちゃれんじ>、「進研ゼミ」、「いぬのきもち・ねこのきもち」などご利用中の方向け

一覧から選ぶ

  • No : 42708
  • 公開日時 : 2018/01/11 10:33
  • 印刷

【まなび相談室】友達やきょうだいとケンカをしても自分から謝ることができません…

回答

ケンカで自分に言い分があることは、成長の一環です。
おうちでは、お子さまにケンカの様子をわかるように説明してもらいましょう。
その際、素直に手順よく説明してくれたら、内容について注意したり、叱ったりしないようにしてください。
ここで注意してしまうと、その後話してくれなくなったり、ケンカがひどくなるかもしれません。
そこで、わかりやすく説明してくれたことを大いにほめるのです。
「ありがとう。よくわかるように話してくれたね。つらかったね。」
と共感し、その後ケンカをなくすためにはどうしたらよいか考えてもらってください。おうちのかたも一緒に考えてみてください。
「自分にとって、また相手にとって、よい気分になるには相手に何と言えばいいかなあ」
と考えさせて、明日すぐできること「ごめん」と一言勇気をもって言ってみるなどを提案してみてください。
「ごめん」の一言は、子供も大人もたいへん勇気がいることですが、効果は大きいです。

この回答はお役に立ちましたか?

よろしければ、役に立った点・解決しなかった理由など、ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されても返信はいたしかねます。個別のお返事・お手続きが必要な場合はこちらからご連絡ください。
https://www.benesse.co.jp/contact/