教育サービス、定期購読雑誌の会員のかた向け

よくあるご質問

※通信教育サービスを海外で受講されている方は、本ページではなく海外受講サイトをご覧ください。

  
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

情報照会や諸手続きは
こちら

お客様サポート(手続き)

<こどもちゃれんじ>、「進研ゼミ」、「いぬのきもち・ねこのきもち」などご利用中の方向け

一覧から選ぶ

  • No : 42602
  • 公開日時 : 2017/12/14 16:29
  • 印刷

【まなび相談室】知っている言葉があまり多くありません。知っている言葉を増やすいい方法はありますか?

回答

言葉は短期間で身につくものではありません。
日ごろから心がけて、さまざまな言葉にふれる機会を多く作るようにすると、知らず知らずのうちに知っている言葉、使える言葉が増えていきます。
 
<言葉を増やすためにふだんからやっておくといいこと>
① 辞書を引きながら本を読む
言葉を増やすためには、本をたくさん読むようにするとよいでしょう。
そのときに、わからない言葉があったら、こまめに「国語辞典」を引いて意味を調べるようにしましょう。
そうすることで「知っている言葉」が増えていきます。
 
② 辞書を積極的に活用する
意味の分からない言葉を「国語辞典」で調べたときに、
そのとき意味だけでなく、「類義語」(意味の似ている言葉)や「対義語」(たがいに反対の意味をもつ言葉)がいっしょに出ていたら、それもいっしょに覚えていくようにすると、どんどん言葉の数が増えていきます。

この回答はお役に立ちましたか?

よろしければ、役に立った点・解決しなかった理由など、ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されても返信はいたしかねます。個別のお返事・お手続きが必要な場合はこちらからご連絡ください。
https://www.benesse.co.jp/contact/