教育サービス、定期購読雑誌の会員のかた向け

よくあるご質問

※通信教育サービスを海外で受講されている方は、本ページではなく海外受講サイトをご覧ください。

  
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

情報照会や諸手続きは
こちら

お客様サポート(手続き)

<こどもちゃれんじ>、「進研ゼミ」、「いぬのきもち・ねこのきもち」などご利用中の方向け

一覧から選ぶ

  • No : 42600
  • 公開日時 : 2017/12/14 16:16
  • 印刷

【まなび相談室】理解はしているのに、テストでケアレスミスが多い。ケアレスミスをなくすにはどうしたらいいですか?

回答

■テストでまちがえたところをお子さまと見直す
まちがえたところが、本当はわかっていたのにうっかりまちがえたことに子供自身が気がつくと、「もったいない!次は気をつけよう」という気持ちになっていきます。ただし、叱りながらでは子供もおうちの方も嫌になってしまうので、推理ゲームのように楽しみながらを心がけてください。ご家庭で見直しに関するルールを一緒に考えてみるのもオススメですよ。
 
■何をどう見直せばいいのか、具体的なアドバイスを
おうちのかたに前提としてわかっていてほしいのは、子供は自分の考えが正しいと思って解いているので、ただ「落ち着いて」「見直して」と言われても、まちがいには気づきにくいということ。「落ち着いて『何』をすればいいのか」、「『どう』見直しをしたらいいのか」、具体的なやり方をアドバイスしてあげることがケアレスミス防止には大切です。
 
■問題文を2度読む習慣をつける
はじめは、さあーっと、次に問題に沿ってその箇所を丁寧に読む、という具合に2度読みするとよいです。ミスの多い子は、質問の一部だけを見て自己流に解釈して答えてしまうことが多いので、2度読みすることで丁寧さ、落ち着きを養うことができます。

この回答はお役に立ちましたか?

よろしければ、役に立った点・解決しなかった理由など、ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されても返信はいたしかねます。個別のお返事・お手続きが必要な場合はこちらからご連絡ください。
https://www.benesse.co.jp/contact/