教育サービス、定期購読雑誌の会員のかた向け

よくあるご質問

※通信教育サービスを海外で受講されている方は、本ページではなく海外受講サイトをご覧ください。

  
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

情報照会や諸手続きは
こちら

お客様サポート(手続き)

<こどもちゃれんじ>、「進研ゼミ」、「いぬのきもち・ねこのきもち」などご利用中の方向け

一覧から選ぶ

  • No : 41673
  • 公開日時 : 2017/10/16 13:19
  • 印刷

【まなび相談室】親の発音がネイティブレベルでないと、子どもに英語で話しかけるのはよくない?

回答

英語での活動を一緒に楽しんだり、一緒に反応したり、声を出すことは、していただきたいものです。
英語の発音に自信がもてないおうちのかたは、子供の活動を黙ったまま見守っているかたもいらっしゃいます。
しかし活動中は、子供と一緒に活動を楽しむこと、反応すること、声を一緒に出すことを積極的にしていただきたいものです。
たとえば、教材(CD、DVDなど)の音声と一緒におうちのかたが、声を出したり、歌を一緒に歌うことは有効的といえるでしょう。
一方で、子供の英語のモデルとなって、発音を正したり、先まわりして「和訳」したりすることは、逆効果となる場合もありますので、避けたいものです。不正確な発音に慣れ、身につけてしまった場合、それを白紙に戻すことがとても大変になるという「そぎ落とし」の問題があるからです。
一般的に、そぎ落としには、学習(learning)そのものにも増して、困難が伴うといわれています。(※)
※そぎ落とし(unlearning):一度身につけた知識や技能を白紙に戻すことを指す

この回答はお役に立ちましたか?

よろしければ、役に立った点・解決しなかった理由など、ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されても返信はいたしかねます。個別のお返事・お手続きが必要な場合はこちらからご連絡ください。
https://www.benesse.co.jp/contact/