教育サービス、定期購読雑誌の会員のかた向け

よくあるご質問

※通信教育サービスを海外で受講されている方は、本ページではなく海外受講サイトをご覧ください。

  
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 40793
  • 公開日時 : 2017/08/18 16:07
  • 更新日時 : 2019/08/23 09:38
  • 印刷

Google Chrome で Flash Player を有効にする方法を教えてください

回答

Google Chrome ver76以降をインストール後、 Flashは必ずブロックされるようになりました。

お手数ですが、レッスンの都度「許可」を行う必要があります

 

レッスン入室画面から許可する方法
(※chrome ver76以降をインストール後、はじめてFLASHコンテンツを表示した場合の手順)

 

手順①「Flash Playerの実行を許可する」ボタンを押します。

file_image

 
クリックした後、アドレスバーに「プラグインをブロックしました」と一瞬表示されます。
「ブロックマーク」の表示は残りますので、 「ブロックマーク」をクリックします。
file_image
 
手順②「このページのFlashはブロックされました」とウィンドウが表示されます。
ウィンドウ内、左下の「 管理」ボタンを押します。
file_image
 
手順③ Google Chrome のFlashの「 設定」画面が別ウィンドウで表示されます。

「サイトでのFlashの実行をブロックする」となっているので、「最初に確認する(推奨)」に変更します。

file_image

 
手順④ 元のレッスン画面に戻り、再度「 Flash Playerの実行を許可する」ボタンを押します。
 
「…glish.comが次の許可を求めています Flashの実行」とウィンドウが表示されます。
「 許可」をクリックしFlashを実行します。
file_image
Flashが実行されるとレッスンルームへの入室確認画面が始まります。
画面指示に従いレッスンを開始してください
file_image
 
※ Flash Playerの許可を行った状態でGoogle Chromeを終了し、次にChromeで空のページを開くと、
ウインドウ上部に「Flash Playerのサポートは2020年12月で終了します」の記述と「オフにする」というボタンが表示されます。
右側の「×」ボタンでこの表示は出なくなります。
Flashの実行毎に設定画面を開くことなく、「許可」のボタンを押すだけで実行が可能になります。
file_image
この画面で「オフにする」ボタンを押すと、「サイトでのFlashの実行がブロックされます」。
ChromeのURL欄に「chrome://settings/content/flash」と入力することで、手順②のFlashの管理画面が開き、再度設定行うことができます。
 

この回答はお役に立ちましたか?

よろしければ、役に立った点・解決しなかった理由など、ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されても返信はいたしかねます。個別のお返事・お手続きが必要な場合はこちらからご連絡ください。
https://www.benesse.co.jp/contact/