教育サービス、定期購読雑誌の会員のかた向け

よくあるご質問

※通信教育サービスを海外で受講されている方は、本ページではなく海外受講サイトをご覧ください。

  
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

情報照会や諸手続きは
こちら

お客様サポート(手続き)

<こどもちゃれんじ>、「進研ゼミ」、「いぬのきもち・ねこのきもち」などご利用中の方向け

一覧から選ぶ

  • No : 40052
  • 公開日時 : 2017/05/17 12:10
  • 印刷

【まなび相談室】字が汚いのを直したい

回答

■低学年のお子さまの場合
(1)鉛筆の持ち方をチェックしましょう。
親指が出すぎている子が多いので確認しましょう。正しく持てていると、筆圧も強くしっかりした字が書けます。筆圧がしっかりすると、ひときわ上手に見えて、やる気につながります。2Bか4Bの鉛筆で絵や丸を描くことも、遊び感覚で筆圧の安定が図れ、基本練習としてとても有効です。 

(2)バランスよく書くことを意識させましょう。
「丁寧に」「きれいに」といっても抽象的で子供にはわかりにくいものです。具体的に「丁寧に書く」見本として、大きめのマスのノートに、親が見本の字を書いて見せましょう。次に子供にゆっくりとそれをなぞらせた後、一人で3回書かせてみます。そういった練習をパターン化して、一日に3文字くらいずつやるとよいでしょう。

 

この回答はお役に立ちましたか?

よろしければ、役に立った点・解決しなかった理由など、ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されても返信はいたしかねます。個別のお返事・お手続きが必要な場合はこちらからご連絡ください。
https://www.benesse.co.jp/contact/