• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 20065
  • 公開日時 : 2016/06/16 11:57
  • 印刷

【大学受験講座】 地理と歴史(世界史・日本史)のAとBはどう違うのですか?

回答

文部科学省の学習指導要領の定める標準単位数も学習内容も異なります。
一般的に、入試では、B科目を課す大学が多く、A科目では受験できないことがあるので注意が必要です
受験大の選択の幅を狭めないためにも、できるだけB科目での受験をおすすめします。

(1)標準単位数の違い
文部科学省の学習指導要領の定める標準単位数が Aは2単位、Bは4単位の科目ですから、一般的に学習量・授業量ともに「B」の方が多くなります。

(2)内容の違い
<日本史>
日本史A…江戸時代末の開国以降の日本の近現代史を重点的に学習します。
日本史B…原始・古代から現代までをまんべんなく深く学習します。
 

<世界史>
世界史A…近代以前は各文化圏(東アジア、インド、ヨーロッパなど)ごとの大まかな成り立ちと各文化圏の交流を学び、近・現代の歴史を中心に学習します。
世界史B…先史・古代から現代までをまんべんなく深く学習します。
 

<地理>
地理A…世界の民族・生活・文化や現代世界の地理的諸課題に重点を置き、具体的な事例を交えて学習します。
地理B…世界を自然環境や産業などの分野別に学ぶと同時に、地域別に具体的な内容を学習します。

 

見つからない場合こちらから再度検索してください

この回答はお役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお聞かせください。個別にお返事はできませんが、今後のQA作りに生かしていきます 入力欄は暗号化されておりませんので、個人情報は絶対に入力しないでください