教育サービス、定期購読雑誌の会員のかた向け

よくあるご質問

※通信教育サービスを海外で受講されている方は、本ページではなく海外受講サイトをご覧ください。

  
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

情報照会や諸手続きは
こちら

お客様サポート(手続き)

<こどもちゃれんじ>、「進研ゼミ」、「いぬのきもち・ねこのきもち」などご利用中の方向け

一覧から選ぶ

  • No : 11485
  • 公開日時 : 2016/08/16 10:30
  • 印刷

【まなび相談室】家での勉強って、やっぱり親が見てあげないとだめ?(中学年以降)

回答

見てあげるのではなく、「教えて!」という姿勢で関わってみてください。

中学年以降の知的好奇心は旺盛ですから、
漢字、地理、昆虫など、興味をもつことがあればとことん熱中させてあげてください。
そしておうちのかたが「教えて」という姿勢で聞いてあげると、
お子さまは得意になり、自信を深めていきます。
 
低・中学年で自信をつけることができれば、
高学年からはおうちのかたが手をかけなくても自学自習ができるようになります。
 
気になったら
「今学校で何をやっているの?」
と問いかけ、
「へえ、知らなかったわ」
と驚いてあげるとよいでしょう。
 

この回答はお役に立ちましたか?

よろしければ、役に立った点・解決しなかった理由など、ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されても返信はいたしかねます。個別のお返事・お手続きが必要な場合はこちらからご連絡ください。
https://www.benesse.co.jp/contact/