教育サービス、定期購読雑誌の会員のかた向け

よくあるご質問

※通信教育サービスを海外で受講されている方は、本ページではなく海外受講サイトをご覧ください。

  
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

情報照会や諸手続きは
こちら

お客様サポート(手続き)

<こどもちゃれんじ>、「進研ゼミ」、「いぬのきもち・ねこのきもち」などご利用中の方向け

一覧から選ぶ

  • No : 11480
  • 公開日時 : 2014/12/17 11:46
  • 印刷

【まなび相談室】低学年のうちにもっと難しい問題に挑戦させたいんだけどどうしたらいい?

回答

応用の多くは、算数でいえば、文章問題。
国語でいえば、「人に伝える力」いわゆる作文や読解問題が多いです。

低学年のうちは、問題の文章の内容を理解することがやっとの場合もあるので、一気に始めるのではなく毎日少しずつ挑戦し始めることをオススメします。 もちろん、わからなくなったときは、おうちのかたが一緒に考えてあげることも、低学年なら必要になります。 低学年のお子さまの場合、「自分の答えは絶対に合っている!」と思い込んでいるお子さまが多いものです。ですから、「スラスラ解けない」ことが、後に「文章問題・読解問題嫌い」につながってしまう可能性があるので注意しましょう。

 

この回答はお役に立ちましたか?

よろしければ、役に立った点・解決しなかった理由など、ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されても返信はいたしかねます。個別のお返事・お手続きが必要な場合はこちらからご連絡ください。
https://www.benesse.co.jp/contact/