教育サービス、定期購読雑誌の会員のかた向け

よくあるご質問

※通信教育サービスを海外で受講されている方は、本ページではなく海外受講サイトをご覧ください。

  

情報照会や諸手続きは
こちら

お客様サポート(手続き)

<こどもちゃれんじ>、「進研ゼミ」、「いぬのきもち・ねこのきもち」などご利用中の方向け

一覧から選ぶ

『 よくある質問 』 内のFAQ

159件中 21 - 30 件を表示

3 / 16ページ
  • 【まなび相談室】テストでケアレスミスをなくすにはどうしたらいいですか?

    ケアレスミスはもったいないですよね。 これを防ぐための一つの方法として、テストで間違えたところをお子さまと見直してみることをオススメします。間違えたところが、本当は分かっていたのにうっかり間違えたことにお子さま自身が気がつくと、「もったいない!次は気をつけよう」という気持ちになっていきます。 ただし、叱りながらではお子さまもおうちの方も嫌になってしまうので、推理ゲームのように楽しみな... 詳細表示

    • No:39692
    • 公開日時:2017/04/17 16:52
  • 【まなび相談室】夏休みの終わりに宿題がたまっていないようにするには、いつごろ何をすればよいですか?

    まずは宿題をすべて把握しましょう。毎日、毎週やるものと、自由研究などの特別な宿題に分けてみてください。  ●毎日やるもの   ・漢字ドリル・計算ドリル・音読・1行日記  ●1週間単位でやるもの   ・植物の観察(アサガオ・ヒマワリ・トマトなど)  ●特別な(単発)もの   ・自由研究、絵日記、読書感想文 次に、リストアップしたものと、「チャレンジ」などこの夏やろうと思ってい... 詳細表示

    • No:30600
    • 公開日時:2016/07/06 11:17
  • 【まなび相談室】夏休みは習い事や旅行で忙しいのですが、どう計画を立てたらよいですか?

    習い事や旅行を楽しむ期間はそれに集中させ、それ以外の日や時間で、余裕をもって宿題などができる計画を立てることを目標にしましょう。 2年生以上なら「これなら忙しくてもできる」と思える計画をお子さまに立ててもらい、保護者目線で欲張って計画しないのがポイントです。 欲張ると最初からやる気が起きにくくなるので、ゆとりをもって計画を立ててください。 詳細表示

    • No:30599
    • 公開日時:2016/07/06 11:15
  • 【まなび相談室】英語の基本的な勉強法を教えてほしい

    英語をトクイにする最大のヒケツは「慣れること」です。 考えこむより、どんどん声に出し、書き、表現を覚えて使ってみましょう。 家庭での勉強では、教科書の音読、単語の意味確認、文法知識の整理を予習として行っておき、 授業で単元ごとの学習内容を確実に身につけていきましょう。 詳細表示

    • No:13519
    • 公開日時:2015/02/26 21:21
    • 更新日時:2017/09/13 15:28
  • 【まなび相談室】数学の毎日の勉強でまず大切にしたほうがいいことはなんですか?

    学校で習ったことの『復習』がとにかく大切です。 特に、まちがえた問題は、必ずその日のうちに、もう一度解き直しましょう。 数学の教科書には、まずは「例題」があり、その次に「演習問題」 「応用問題」があります。 「例題」は数学の典型的な問題の解き方をパターン化して紹介するものなので、 まずは、例題の解き方(これを解法パターンと呼びます)を理解し、それを覚えていきましょう。 詳細表示

    • No:11886
    • 公開日時:2014/12/29 19:14
    • 更新日時:2017/09/13 15:30
  • 【まなび相談室】言うことを聞かないときは、罰やごほうびを与えるのは有効ですか?

    罰やごほうびを与えるということは、おうちのかたが一方的に上から目線でお子さまと接しているということ。 いつまでも上から目線の関わり方を続けていては、お子さまが成長する中でおうちのかたとの信頼関係を保つのが難しくなることもあります。 高学年からは、対等な立場での関わり方を意識しましょう。 同じ立場に立ち、「どうしたらいいのか一緒に考えよう」と一緒に解決策を考える姿勢を示しまし... 詳細表示

    • No:11754
    • 公開日時:2014/12/29 19:24
    • 更新日時:2018/01/11 10:41
  • 【まなび相談室】小学生から英語を始めるのは遅すぎますか?

    英語の開始時期によって異なるメリットはありますが、 英語を始めるということに「遅すぎる」ということはありません。 例えば、理論立てて分析理解できるようになる小学校高学年頃から学習を始めた場合、 聞いたこと(インプット)に対して、知的・論理的に理解できるようになります。 また、小学校高学年は外国や外国の文化へのあこがれや知識の増加により、英語を学ぶモチベーションの高まりやす... 詳細表示

    • No:11735
    • 公開日時:2014/12/29 19:06
  • 【まなび相談室】計算途中のミスをなくすためにはどうしたらいいでしょうか?

    計算の途中のミスをなくすためには、簡単と思われる計算でも、くり上がり、くり下がりのメモをや計算の途中の式を書くことが大切です。 暗算やカン違いによるミスを防ぎ、見直すときにも役立ちます。 解決の過程を見直すことにより、単なる書きまちがいや計算ミスではなく基本的な考え方がわかっていない、など、「なぜ」「どこで」「どのような」まちがいをするのかを振り返ることができます。 詳細表示

    • No:11731
    • 公開日時:2014/12/29 19:02
    • 更新日時:2017/09/13 15:04
  • 【まなび相談室】子どもの音読を聞くときのポイントを教えてください。

    低学年のお子さまの音読を聞く際は、以下のポイントに注意しながら聞きましょう。 【1】意味のまとまりごとに読めているか 【2】句読点を意識しているか 【3】大きな声で読めているか 【4】機械的に読んだり、棒読みになっていないか 中学年以降になると、読む「ねらい」をお子さまに言わせると、より音読の効果が高まります。「今日はかぎかっこの会話文に気をつけて読む」「主人公の気持ちにな... 詳細表示

    • No:11721
    • 公開日時:2014/12/29 18:55
  • 【まなび相談室】作文が苦手だけどどうすればいいでしょうか?

    作文の苦手は、 書きたいことがない、あっても思い出せない、決められない、書くのがめんどうくさい という場合が多いものです。 また、「自分のことだとなかなか書きにくい」というのもよくあります。 その場合は、自分以外の人になりきる「なりきり作文」や「はれときどきぶた」のような「うそ日記」、「いつ・どこで・だれが・なにをして・どうなった」などを交換しながら書いていくような手法もあります。 ... 詳細表示

    • No:11718
    • 公開日時:2014/12/29 18:53

159件中 21 - 30 件を表示