教育サービス、定期購読雑誌の会員のかた向け

よくあるご質問

※通信教育サービスを海外で受講されている方は、本ページではなく海外受講サイトをご覧ください。

  
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

情報照会や諸手続きは
こちら

お客様サポート(手続き)

<こどもちゃれんじ>、「進研ゼミ」、「いぬのきもち・ねこのきもち」などご利用中の方向け

一覧から選ぶ

まなび相談室 ご利用上の注意など

『 まなび相談室 ご利用上の注意など 』 内のFAQ

162件中 51 - 60 件を表示

6 / 17ページ
  • 【まなび相談室】「説明文」は何度も読み返しても、何が大事なことなのか分かりません。説明文を正しく読み取る方法はありますか?

    説明文は、ある事柄について、相手にわかりやすく、筋道を立てて説明するために書かれている文章です。 従って、説明文を読み取るときには、 「話題は何か(何についての説明か)」と、「筆者が伝えたいことは何か」をとらえることが大切です。 この二つをとらえるために、次のようなことに注目しましょう。 ■話題をとらえる。 ⇒問いかけ(呼びかけ)の表現に注目する。 文... 詳細表示

    • No:44499
    • 公開日時:2018/02/14 13:11
  • 【まなび相談室】わり算の答えのみつけ方がわからなくなり、計算まちがいをしてしまいます。どのように考えたらよいですか。

    わり算の答えは、「わる数」の段の九九を使って求めることができます。 [例] 21÷7 この計算の場合、7がわる数なので、7の段の九九を使ってもと求めます。 7×3=21なので、答えは「3」になります。 九九をまちがえて覚えていないかも確認しておきましょう。 特に、4、6、7、8の段はまちがえやすいので気をつけましょう。 詳細表示

    • No:44492
    • 公開日時:2018/02/14 12:57
  • 【まなび相談室】理解はしているのに、テストでケアレスミスが多い。ケアレスミスをなくすにはどうしたらいいですか?

    ■テストでまちがえたところをお子さまと見直す まちがえたところが、本当はわかっていたのに、うっかりまちがえたことにお子さま自身が気がつくと、 「もったいない! 次は気をつけよう」という気持ちになっていきます。 ただし、しかりながらではお子さまもおうちのかたも嫌になってしまうので、推理ゲームのように楽しみながらを心がけてください。 ご家庭で見直しに関するルールを一緒に考... 詳細表示

    • No:44491
    • 公開日時:2018/02/14 12:55
  • 【まなび相談室】算数の文章題が苦手です。どうしたらいいですか?

    文章題は、以下の4つのステップで理解を深めるとグッと考えやすくなります。 【1】必要な数字に印をつける 【2】絵にかく 【3】式を書く 【4】答えを書く また、普段の生活の中で数を視覚的にイメージさせるのもオススメです。 例えば、「コロッケを2個ずつ家族3人に配るには、コロッケは何個必要?」と聞く。 わからなかったら、実際にコロッケを2個ずつ3枚のお皿に置く。 ... 詳細表示

    • No:44490
    • 公開日時:2018/02/14 12:51
  • 【まなび相談室】低学年の今から読解力をつけさせたいのですが、家庭でできる方法はありますか?

    低学年のうちは、お子さまと一緒に本を読む楽しさを味わうことをオススメします。 今、学校で求められている「読解力」は、単に文章を正しく読み取るだけではありません。 読んだうえで自分なりの考えを話したり、書いたりする力までが求められます。 読解力をつけるために大切なのは、まずは、本に親しみ、本を読むことが好きになることです。 低学年での、本を通したお子さまとの関わりが読書に親... 詳細表示

    • No:44489
    • 公開日時:2018/02/14 12:45
  • 【まなび相談室】たし算とひき算の学習のポイントが知りたい。

    たし算やひき算の学習で大切なのは、文章題を読んで場面を理解し、場面に合う式が立てられることです。 例えば、「エレベーターに2人乗っていました。 後から3人乗りました。エレベーターに乗っているのは全部で何人でしょうか。」 という状況を絵にしたりして、「文章題の意味を理解し、イメージする」ということが大切です。 詳細表示

    • No:44488
    • 公開日時:2018/02/14 12:41
  • 【まなび相談室】漢字のとめ・はね・はらいでいつも×をもらってきます。

    漢字の習い始めの1年生だからこそ、とめ・はね・はらいを認識させることが大切です。 それには、うまく書けている箇所を見つけて、しっかりほめてあげることが大切です。 「しっかりとめられたね」「きちんとはらえているね」など、具体的にほめることで、お子さまはとめ・はね・はらいに自信をもてるようになります。 自信を積み重ねながら、正しく書ける漢字を一字ずつ増やしていくことが大切です。 詳細表示

    • No:44487
    • 公開日時:2018/02/14 12:40
  • 【まなび相談室】わからない問題をそのままにしているのが気になります。

    「進研ゼミ」では、お子さまがわからない問題をいつでも質問することができる「質問ひろば」というWEBサービス(算数・国語)がございます。 実際に質問できなくても、みんなからよく来る質問とその答えが読める「みんなのQ&A」というコーナーもありますので、 おうちのかたが「こんなサービスもあるんだって」と一緒に見てみたりしてはいかがでしょうか? 詳細表示

    • No:42714
    • 公開日時:2018/01/11 10:52
  • 【まなび相談室】ほめてもイヤな顔をしたり無視したりします。なんてほめればよいのでしょうか?

    4年生以上にもなれば、本当はうれしくても表情には素直に出しづらくなってくる年頃です。 昔のようにうれしそうにしなくても、ほめられればうれしいものなので、これからもたくさんほめてあげてください。 そのうえで、高学年に向けては根拠のあるほめ方をするとよいでしょう。 「何がどうだからえらかった(すごいね)」といった言い方です。 もし、ほめる根拠の材料が見つからない場合は、「チャ... 詳細表示

    • No:42712
    • 公開日時:2018/01/11 10:43
  • 【まなび相談室】友達やきょうだいとケンカをしても自分から謝ることができません…

    ケンカで自分に言い分があることは、成長の一環です。 おうちでは、お子さまにケンカの様子をわかるように説明してもらいましょう。 その際、素直に手順よく説明してくれたら、内容について注意したり、叱ったりしないようにしてください。 ここで注意してしまうと、その後話してくれなくなったり、ケンカがひどくなるかもしれません。 そこで、わかりやすく説明してくれたことを大いにほめるのです。 ... 詳細表示

    • No:42708
    • 公開日時:2018/01/11 10:33

162件中 51 - 60 件を表示