教育サービス、定期購読雑誌の会員のかた向け

よくあるご質問

※通信教育サービスを海外で受講されている方は、本ページではなく海外受講サイトをご覧ください。

  
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

情報照会や諸手続きは
こちら

お客様サポート(手続き)

<こどもちゃれんじ>、「進研ゼミ」、「いぬのきもち・ねこのきもち」などご利用中の方向け

一覧から選ぶ

まなび相談室 ご利用上の注意など

『 まなび相談室 ご利用上の注意など 』 内のFAQ

162件中 31 - 40 件を表示

4 / 17ページ
  • 【まなび相談室】部屋の明るさや温度も、勉強する環境と関係ある?

    部屋の明るさや温度などでも集中力に違いが出るといわれています。また、かおりでもペパーミントやレモンなどのかおりは集中力を高めるのに適しているそうです。 ・集中できる明るさ 部屋の明かりが暗いと集中力が低下し眠気が増してしまいます。部屋と手元はなるべく明るい蛍光灯で照らしましょう。 ・集中できる温度 部屋の温度は低めにしたほうが学習効果は高くなります。また、満腹よりも空腹時のほうが学習... 詳細表示

    • No:42011
    • 公開日時:2017/11/14 14:45
  • 【まなび相談室】時間を意識して行動できないです・・・

    最初の5分を「集中タイム」と決めて、時間を意識する練習を。 時間を意識して行動させるための工夫としては、何かに取り組む前に、最初の5分を「集中タイム」と決めて、時計の長針の数字が1つ進む間の5分間を意識するよう声をかけていきましょう。 時計を見せながら、少しずつ「時間とその長さ」の感覚をつかむ練習を積み重ねていくといいですね。 詳細表示

    • No:42006
    • 公開日時:2017/11/14 14:36
  • 【まなび相談室】ちょっとやって「無理」「できない」とすぐに投げ出してしまいます。

    続かない理由は…「続けるとできるようになる」と思えないからです。 「練習してもうまくなれない」「できる気がしない」と思い込んでしまっている場合は、その子にできる課題をクリアする体験をくり返して、「自分ならできるはず」という自己肯定感を育んでください。 改善ポイントは、「できた!」をくり返し体験させることです。 すぐ諦めてしまう子には、その子が必ずできる課題を与え、続けられた... 詳細表示

    • No:41669
    • 公開日時:2017/10/16 13:10
  • 【まなび相談室】友達に「嫌い」と言われたようで、ショックを受けています。仲良くしようね、以外にどんな言葉をかけたらよいでしょうか?

    まずはお子さまが辛い思いをした気持ちに「言われて嫌だったね」「悲しい気持ちがするね」と共感して受け止めてあげてください。 お子さんが落ち着いたら、 「お友達は何が嫌だったんだと思う?」 「お友達が嫌なことを次からしないようにできるかな?」 などと一緒に考えてみるのもいいですね。 詳細表示

    • No:41039
    • 公開日時:2017/09/13 14:58
    • 更新日時:2017/09/13 15:34
  • 【まなび相談室】友達とケンカしたようで、学校に行きたくないと言います。どうすればよいでしょうか?

    まずお子さまに、どんなことがあったのか、どんなことを言われたのか、よく思い出してもらい、初めから順序を追って聞いてみてください。 話を聞いたあと、内容によって以下の方法を試してみてください。 ①どうすればよいかお子さまに考えさせて、自ら解決法を見つけさせて、次の日話しかけ、仲直りする。 ②担任の先生に相談して、内容を伝える。先生からよいアドバイスがいただけるかもしれません。 ③友達の... 詳細表示

    • No:41038
    • 公開日時:2017/09/13 14:57
    • 更新日時:2017/09/13 15:34
  • 【まなび相談室】友達とケンカしたようですが、先生から相手を教えてもらえませんでした。謝りたいのになぜ?

    学校で起きたケンカやケガについて、おうちのかたにどこまで伝えるのかは、学校や先生の方針によって異なります。 先生が、「お子さまが◯◯くんを突き飛ばしてしまいました」などと伝えるところもあれば、 「学校からケガをした子に謝ります」と言って、ケガをさせた相手を伝えないところもあります。 まずは、お子さまの担任の先生の方針を聞いてみるのがいいでしょう。 後者のような方針... 詳細表示

    • No:41037
    • 公開日時:2017/09/13 14:55
    • 更新日時:2017/09/13 15:33
  • 【まなび相談室】学校でひとりで遊んでいることが多いようです。どうすれば友達と遊べるようになりますか?

    「ひとりで遊んでいるのはかわいそう」と思うおうちのかたが多いようですが、そんなことはありません。子供にとっては、たとえ学校にいるときでも、ひとりで集中したり落ち着いたりできる時間も大切です。 ひとりで満足いくまで遊びこむ体験があるからこそ、ひとりではつまらないことに気づいて、そこから徐々に友達どうしで関わって遊ぶようになっていきます。入学してすぐ友達と遊びたがる子もいれば、ゆっくり時間をかけ... 詳細表示

    • No:41036
    • 公開日時:2017/09/13 14:53
    • 更新日時:2017/09/13 15:33
  • 【まなび相談室】叱るとき、ついヒステリックになってしまいます。冷静に叱るには?

    「叱る」とは、直してほしい部分を指摘して、よい行動に改めるよう伝えることです。 怒りの感情と一緒に伝えるのは「怒る」こと。「怒る」では、お子さまには「怒られた」という嫌な感情しか伝わらず、本当に伝えたかったことが伝わりにくいため、行動が改まることはありません。 「叱っている」つもりが、いつの間にか「怒っている」になっているのかもしれません。 一度自分を振り返り、「怒る」スイッチが入るポ... 詳細表示

    • No:40702
    • 公開日時:2017/08/08 11:06
  • 【まなび相談室】読書感想文でどのような本について感想文を書けばよいのでしょうか?

    好きなことや身近な物事が題材になっている本、図書館おすすめの本、おうちのかたが子どものころに読んでわくわくした本などから選ぶとよいかもしれません。 主人公が幸せになったり、成功をつかむハッピーエンドの話は感想文が書きやすいでしょう。 「スポーツ」や「冒険」を扱った小説は、そうした本が多いのでおすすめです。 また、「民話」や「ファンタジー」などは、ハッピーエンドで終わるだけではなく、... 詳細表示

    • No:40502
    • 公開日時:2017/07/14 14:57
  • 【まなび相談室】将来の夢を考えさせたいのだが、「将来の夢なんてない」と子供が言う場合、どのように考えさせたらよいですか?

    6年生は卒業期に、将来の夢を考える授業をする学校がほとんどです。 それまでに「将来何になりたいか」ということだけでなく、「将来どんな人や物との関わりをしてみたいか」について考えてみるとよいですね。 学年が上がるにつれて変わることがあるのは当たり前なので、今はどんなことが好きか、例えば「スポーツを楽しめるようなこと」「友達と一緒に何か作って人に見せること」「人の世話をして喜んでもらうこ... 詳細表示

    • No:40276
    • 公開日時:2017/06/16 17:05

162件中 31 - 40 件を表示