教育サービス、定期購読雑誌の会員のかた向け

よくあるご質問

※通信教育サービスを海外で受講されている方は、本ページではなく海外受講サイトをご覧ください。

  
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

情報照会や諸手続きは
こちら

お客様サポート(手続き)

<こどもちゃれんじ>、「進研ゼミ」、「いぬのきもち・ねこのきもち」などご利用中の方向け

一覧から選ぶ

まなび相談室 ご利用上の注意など

『 まなび相談室 ご利用上の注意など 』 内のFAQ

162件中 21 - 30 件を表示

3 / 17ページ
  • 【まなび相談室】勉強させるためのコツを教えてください

    ■1問だけやってみよう! 遊びたい気もちの強い子供には、「遊びに行く前に1問だけやろう!」の声かけが効果的です。1問だけなら「やってもいいか」という気分になりますし、1問だけやっておくと、遊びから帰ってきてからの取りかかりのハードルが、ぐんと下がります。 ■タイムトライアルで習慣化 もし毎日同じ内容(書き取り1ページ、プリント1枚など)の宿題があるなら、「ヨーイドン!」で始め、終わ... 詳細表示

    • No:40698
    • 公開日時:2017/08/08 10:58
  • 【まなび相談室】将来の夢を考えさせたいのだが、「将来の夢なんてない」と子供が言う場合、どのように考えさせたらよいですか?

    6年生は卒業期に、将来の夢を考える授業をする学校がほとんどです。 それまでに「将来何になりたいか」ということだけでなく、「将来どんな人や物との関わりをしてみたいか」について考えてみるとよいですね。 学年が上がるにつれて変わることがあるのは当たり前なので、今はどんなことが好きか、例えば「スポーツを楽しめるようなこと」「友達と一緒に何か作って人に見せること」「人の世話をして喜んでもらうこ... 詳細表示

    • No:40276
    • 公開日時:2017/06/16 17:05
  • 【まなび相談室】初めての夏休み、長期間どう過ごさせたらよいでしょうか?

    おすすめは、この夏お子さまががんばりたいことを1つ決めて、それに向かって取り組むことです。 お子さまの心に残る経験をさせてみることもいいですよ。 宿題などは夏休みの中ごろまでに終わらせておくと、余裕をもって夏休みを楽しく過ごせます。 1学期で苦手だったこと(ひき算やひらがななど)があれば、夏休みにもう一度取り組んでみましょう。 長い夏休みは、ご家庭での会話がと... 詳細表示

    • No:30597
    • 公開日時:2016/07/06 11:12
  • 【まなび相談室】英語の基本的な勉強法を教えてほしい

    英語をトクイにする最大のヒケツは「慣れること」です。 考えこむより、どんどん声に出し、書き、表現を覚えて使ってみましょう。 家庭での勉強では、教科書の音読、単語の意味確認、文法知識の整理を予習として行っておき、 授業で単元ごとの学習内容を確実に身につけていきましょう。 詳細表示

    • No:13519
    • 公開日時:2015/02/26 21:21
    • 更新日時:2017/09/13 15:28
  • 【まなび相談室】数学の毎日の勉強でまず大切にしたほうがいいことはなんですか?

    学校で習ったことの『復習』がとにかく大切です。 特に、まちがえた問題は、必ずその日のうちに、もう一度解き直しましょう。 数学の教科書には、まずは「例題」があり、その次に「演習問題」 「応用問題」があります。 「例題」は数学の典型的な問題の解き方をパターン化して紹介するものなので、 まずは、例題の解き方(これを解法パターンと呼びます)を理解し、それを覚えていきましょう。 詳細表示

    • No:11886
    • 公開日時:2014/12/29 19:14
    • 更新日時:2017/09/13 15:30
  • 【まなび相談室】小学生から英語を始めるのは遅すぎますか?

    英語の開始時期によって異なるメリットはありますが、 英語を始めるということに「遅すぎる」ということはありません。 例えば、理論立てて分析理解できるようになる小学校高学年頃から学習を始めた場合、 聞いたこと(インプット)に対して、知的・論理的に理解できるようになります。 また、小学校高学年は外国や外国の文化へのあこがれや知識の増加により、英語を学ぶモチベーションの高まりやす... 詳細表示

    • No:11735
    • 公開日時:2014/12/29 19:06
  • 【まなび相談室】子どもの音読を聞くときのポイントを教えてください。

    低学年のお子さまの音読を聞く際は、以下のポイントに注意しながら聞きましょう。 【1】意味のまとまりごとに読めているか 【2】句読点を意識しているか 【3】大きな声で読めているか 【4】機械的に読んだり、棒読みになっていないか 中学年以降になると、読む「ねらい」をお子さまに言わせると、より音読の効果が高まります。「今日はかぎかっこの会話文に気をつけて読む」「主人公の気持ちにな... 詳細表示

    • No:11721
    • 公開日時:2014/12/29 18:55
  • 【まなび相談室】今の学習方法でいいのかが不安です・・・

    教材の選択や学習方法の選択に正解はありません。 ただし、中学・高校に向けて、小学校卒業するまでに身につけておきたい力は 「自分ひとりで 目標設定・計画づくり・実行すること」をできるようになることです。 お子さまが学習習慣を身につけられるようサポートをしてあげましょう。 しかし、やろうと思って、できるようになるものではありません。 学習習慣はまずは1日15分勉強するこ... 詳細表示

    • No:11708
    • 公開日時:2014/12/29 18:44
  • 【まなび相談室】勉強嫌いなうちの子。塾など勉強する環境にしてしまえば、やるようになるかしら?

    塾で勉強することはいいことですが、無理強いになり「やらされる勉強」になっていないか注意してください。 「勉強が好き」に変わるきっかけは、義務でやる勉強では身につきません。ますます勉強への意欲がなくなっていきます。さらに「今度はこれをやってみよう!」という前向きな気持ちがなくなり、生きた学習や次への発展に結びつきにくくなります。塾などを検討する前に、一度よくお子さまを観察し、しっかり... 詳細表示

    • No:11487
    • 公開日時:2014/12/19 13:16
  • 【まなび相談室】授業で積極的に手をあげられるようにするにはどうすればいいでしょうか?

    発表の多い・少ないは、お子さまの性格によるところもありますが、まずは学校の授業に自信を持つことが大切です。 学校の授業に自信を持つため、ご家庭で以下のようなことを試してみてはいかがでしょうか。 【1】学校で勉強するところをあらかじめ「予習」する 予習をする際、一番参考になるのは教科書です。ざっと目を通したり、声に出して読んでおくのもいいでしょう。親子で内容について話し合って... 詳細表示

    • No:11217
    • 公開日時:2014/12/03 15:30

162件中 21 - 30 件を表示