教育サービス、定期購読雑誌の会員のかた向け

よくあるご質問

※通信教育サービスを海外で受講されている方は、本ページではなく海外受講サイトをご覧ください。

  
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

情報照会や諸手続きは
こちら

お客様サポート(手続き)

<こどもちゃれんじ>、「進研ゼミ」、「いぬのきもち・ねこのきもち」などご利用中の方向け

一覧から選ぶ

まなび相談室 ご利用上の注意など

『 まなび相談室 ご利用上の注意など 』 内のFAQ

162件中 11 - 20 件を表示

2 / 17ページ
  • 【まなび相談室】勉強をスムーズに始められません。勉強を始めるハードルを低くする方法はありますか?

    ハードルを低くするとは、簡単に行動できるようにするということです。 勉強に使う道具を、取り出しやすい場所に置いておく、というのは有効な例のひとつです。 また、勉強するという行動の障害になるものを排除することも、ハードルを低くすることになります。 勉強しようとしても、机の周りにマンガが置いてあったり、近くで家族がテレビを見ていたりすると、お子さまは勉強するという行動に取りかかりにくく... 詳細表示

    • No:11707
    • 公開日時:2014/12/29 18:40
  • 【まなび相談室】勉強嫌いなうちの子。塾など勉強する環境にしてしまえば、やるようになるかしら?

    塾で勉強することはいいことですが、無理強いになり「やらされる勉強」になっていないか注意してください。 「勉強が好き」に変わるきっかけは、義務でやる勉強では身につきません。ますます勉強への意欲がなくなっていきます。さらに「今度はこれをやってみよう!」という前向きな気持ちがなくなり、生きた学習や次への発展に結びつきにくくなります。塾などを検討する前に、一度よくお子さまを観察し、しっかり... 詳細表示

    • No:11487
    • 公開日時:2014/12/19 13:16
  • 【まなび相談室】中学での勉強時間を決めるにはどうしたらいい?

    勉強時間を決めるコツは“毎日”机の前に座れる時間を見つけることです。 例えば、朝起きてすぐなら、がんばれば勉強できますよね。また、夕飯を待っているときも勉強できそうですね。 このように、毎日必ず家にいて、机の前に座れる時間を見つけましょう。一日の中にこういった時間は必ずあるはずです。 朝は時間がないし、夜は眠いし、まとまった勉強時間をとれない場合、睡眠時間を削ってまで2時間も3時間... 詳細表示

    • No:15594
    • 公開日時:2015/04/22 18:30
    • 更新日時:2017/09/13 15:25
  • 【まなび相談室】たし算とひき算の学習のポイントが知りたい。

    たし算やひき算の学習で大切なのは、文章題を読んで場面を理解し、場面に合う式が立てられることです。 例えば、「エレベーターに2人乗っていました。 後から3人乗りました。エレベーターに乗っているのは全部で何人でしょうか。」 という状況を絵にしたりして、「文章題の意味を理解し、イメージする」ということが大切です。 詳細表示

    • No:44488
    • 公開日時:2018/02/14 12:41
  • 【まなび相談室】家での学習習慣をつけるには?

    ■スキマ時間を活用しましょう 日常には小さな「スキマ時間」があります。例えば夕食のあとや入浴の前など、ちょっとがんばって1日10~20分程度の時間をつくってみましょう。 「スキマ時間」を使って、少しずつ学習することで学習習慣がつけられ、忙しい中でも時間をつくって机に向かうようになります。 短時間でも家庭学習の時間をつくれるように心がけていきましょう。 ■学習に... 詳細表示

    • No:42013
    • 公開日時:2017/11/14 14:49
  • 【まなび相談室】将来留学を考えているのだが、どのような準備をすればよいか?

    留学には、言語だけではなく、異文化理解も重要になります。本格的な留学の前に、夏季休暇などに英語キャンプに参加する、短期海外留学に参加すると、視野が広がり意欲にもつながりやすいのでオススメです。 ベネッセグループのベルリッツでは 国内英語キャンプ、海外短期留学、長期留学と、段階を踏んで体験できるプログラムがそろっております。 詳細表示

    • No:40068
    • 公開日時:2017/05/17 12:42
  • 【まなび相談室】勉強を促す上手な声かけのタイミングはありますか?

    声かけにはタイミングがとても重要です。 大人でも、一方的に言われたりすると、反抗してやりたくなくなってしまうことも多いものです。発達段階的に小学校低学年の場合はおうちの方の言うことを素直に聞く傾向があるので、「言われればやっていた」かもしれません。しかし、3・4年生以降になると、自我形成されてくるので、自分の意見がつよくなり、おうちの方の言うことを聞かなくなってくる傾向があります。その発達... 詳細表示

    • No:39691
    • 公開日時:2017/04/17 16:46
  • 【まなび相談室】「チャレンジ」をやらせても、すぐに「読んで」とか「やって」などと甘えてきます。どのように言えば親に頼らなくなるのでしょうか?

    お子さまが進んで読むようになるためには、一文ずつお子さまとおうちのかたで交互に読み進める方法があります。 読んだら、書いてあることをお子さまに質問してみてください。 お子さまは答えるために、わからなかったら読み返します。 そのとき、「読み直したね! すごいね!」とほめてあげてください。 また、「今日はどっちが問題早くできるかやってみよう!」などと言って続けると、いつの間に... 詳細表示

    • No:42706
    • 公開日時:2018/01/11 10:29
  • 【まなび相談室】定期テストの基本的な進め方について知りたい

    STEP1 知識整理(2週間前からスタート) 問題演習をするための準備です。ノートやプリントを見直し、必要に応じてまとめるなどして、重要事項を思い出し、整理してください。 STEP2-1 問題演習(10日前から) 定期テスト問題に慣れるため、同じタイプ・レベルの問題を数多く解きましょう。解いたら答え合わせをして、弱点を重点的に強化。定期テスト対策のポイントは「問題演習」。ここに時間とパ... 詳細表示

    • No:41676
    • 公開日時:2017/10/16 13:27
  • 【まなび相談室】将来の夢を考えさせたいのだが、「将来の夢なんてない」と子供が言う場合、どのように考えさせたらよいですか?

    6年生は卒業期に、将来の夢を考える授業をする学校がほとんどです。 それまでに「将来何になりたいか」ということだけでなく、「将来どんな人や物との関わりをしてみたいか」について考えてみるとよいですね。 学年が上がるにつれて変わることがあるのは当たり前なので、今はどんなことが好きか、例えば「スポーツを楽しめるようなこと」「友達と一緒に何か作って人に見せること」「人の世話をして喜んでもらうこ... 詳細表示

    • No:40276
    • 公開日時:2017/06/16 17:05

162件中 11 - 20 件を表示