• No : 40704
  • 更新日時 : 2017/08/08 11:11
  • 印刷

【まなび相談室】子供の夜更かしをなおしたい

回答

子供に向かって「早く寝なさい!」と言いつつ、親が深夜番組を見て笑っていたり、ネットサーフィンに夢中になっていたりしたら、「楽しそうだな、僕も眠りたくないな」と思ってしまうのもムリはありません。夜になっても寝ないのは、「寝られないから」ではなく、まだ寝たくない意識の表れなのかもしれません。一度、おうちのかたも自分自身の生活を振り返ってみてはいかがでしょうか。眠らないお子さんには、まずおうちのかた自身が夜更かししない生活を心がけ、眠ることの心地よさや、楽しさを伝えることが大切です。

■ポイント①
生活リズムを整えるには、起床時間を戻すことが第一歩。まず、お子さまを決まった時間に毎朝起こすようにしてみてください。人は、起こすことはできても、強制的に寝かせることはできませんから、まずは「起こすこと」から始めてみましょう。
また、脳が最も覚醒するのは午前中の10時~12時。その時間にお子さまが元気に過ごせているかどうかは、お子さまの体の調子と眠り方を判断するうえで大事なことといえます。長期の休みの場合は、ベストパフォーマンスが出せる午前中を勉強の時間にあてるのも効率的といえるでしょう。

■ポイント②
乱れてしまった生活リズムを戻したい場合は、最低でも1週間は必要です。長期の休みであれば、学校が始まる前の1週間はカーテンを少し開けて寝て、朝の光を味方につけて、生活リズムをリセットしていきましょう。

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましても返信できません。名前・住所などの入力はご遠慮ください。