• No : 11711
  • 更新日時 : 2014/12/29 18:47
  • 印刷

【まなび相談室】小学生のうちに読解力を身につけるにはどうしたらいいの?

回答

日本人は、日本語で思考し、表現します。そのための土台が、言葉の力だと思います。優れた表現に多く触れ、読みー考えーまた読むことをくり返すことで土台となる言葉の力を身につけることができます。

そのためには読書量を増やすことが大事です。子供の興味ある分野の本なら、図鑑やゲーム本、好きなスポ―ツやアニメ関連の本、歴史や伝記マンガでもかまいません。いやいや読んでも言葉の力はつかないので、まずはお子さまが興味を示す本を読ませてあげてください。おうちのかた自身が本を読んでいる姿を見せることも大事です。

読書以外にも、例えば好きな音楽の歌詞を書き出してみるというのでもいいですよ。お子さまの興味があるもので楽しく取り組めることが大切です。

また、本が好きでないお子さまは、最初自分で読むのは難しいもの。まずはお子さまの興味をもっていそうな本を読んであげることが大切です。読み聞かせは、子供がもういいと言うまでやっていいのです。読んでもらうことで、想像力を伸ばすことができます。

 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましても返信できません。名前・住所などの入力はご遠慮ください。